舘鼻則孝さん レディガガのシューズをデザインした世界的デザイナーの原点 ・・・実は母の存在だった | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

日本知育玩具協会理事長

藤田です

 

尊敬する若手デザイナー 舘鼻則孝さんのミニ展示会

THEORY

OF

THE ELEMENTS

が、今日からBasement GINZAではじまったので

さっそく訪問しました。

舘鼻則孝さんは、1985年生まれの日本の若手ファッションデザイナーです。

 

彼が、花魁にインスピレーションを得てデザインした

ヒールレスシューズは

レディー・ガガが愛用し、一躍世界で注目を浴びたことでも知られています。

 

RETHINK 

 

東京藝術大学美術学部工芸科に進学した彼は

日本の伝統工芸を研究し

「 RETHINK 」和の心、伝統の技術を今に生き返らせようとしています。

 

 

舘鼻さんの作品は、既に、世界の美術館の所蔵とされ、

世界的デザイナーとして知られています。

 

今回の作品展に寄せての彼のインタビューが会場で放映されます。

 

その冒頭、彼はこう語り出すのです。

私の母は人形作家でして

シュタイナー教育に基づいた

ウォルドルフ人形を自宅で教えていたんです・・・

 

彼は

ウォルドルフ人形作家でもあり

ウォルドルフ人形作りの講師でもあった母の姿に共感し

 

自らの「手」や、身の回りの道具を使って

作品を生み出すことに

幼い頃から親しんでいた

 

と語ります。

 

そして、その経験が

今、彼の生み出すデザインや作品作りに大きく影響しているのだ。

と続けるのです。

 

ウォルドルフ人形は 出来上がった状態で売られているのではなく

羊毛からボールを作り

それが頭や胴体、手足になり、人形として完成していきます。

 

 

全ての工程が、丁寧な 手作業で進んでいきます。

 

私自身もウォルドルフ人形作りをして、実感しました。

 

人形は、こうして出来上がっていくんだ。

 

 

 

 

そして少年 舘鼻則孝さんも

ウォルドルフ人形で育ったのです。

 

彼の溢れる才能と創造力は

ウォルドルフ人形作家であり人形講師でもあった

母の強い影響によるものなのです。

 

→ウォルドルフ人形とは

 

会場では

舘鼻さんのルーツ、ウォルドルフ人形作家だった母との思い出。

作品への思いを語ったインタビューを放映しています。

このインタビューは必見です。

 

「―NORITAKA TATEHANA RETHINK―THEORY OF THE ELEMENTS」
会期:2018年10月3日(水)~14日(日)11:00~21:00
場所:Basement GINZA
住所:東京都中央区銀座4丁目3-5銀座AHビル Ploom Shop 銀座店 B1F
入場料:無料

■アーティスト・トーク
日時/登壇者:
・2018年10月12日(金)19:00~20:00/舘鼻則孝
・10月13日(土)14:00~15:00/舘鼻則孝×立川裕大
・10月13日(土)19:00~20:00/舘鼻則孝×立川裕大

 

Basement GINZA

 

 

 

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります