フレーベルは、難しくない | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

フレーベル博物館では
イザベル新館長から
フレーベルゼミナールのレクチャーを受けました。
 
{B1FB1743-2AA1-4ED8-B2A7-1E94C035F06B}

 

彼女のレクチャーは明快

子どもの成長には、遊びを通じての大人の働きかけが重要で

子どもの未来を決定づける。

 

そして発達に応じて子どもの興味を引き出しながら

おもちゃを与えていく

 

 

ガーべ(恩物)の子どもへの与え方、指導の仕方について

実際的に学びました。

 

フレーベル博物館発行のゼミナール修了証は、一生の財産になるでしょう。

 

フレーベルが日本の幼児教育の世界で見直されるのは

時の流れとして当然のことでしょう。

 

プログラミング教育、非認知能力、幼児期の構造化教育のために

フレーベルのメソッドが生かされ

日本の子どもの未来の可能性が無限に広がることを願いします。

 

 

 

↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります