知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

ネフ博物館 Naef-Museum について

 

先日のブログ記事

キュボロを学ぶスイスの旅 ネフ社を訪問する

から、お問い合わせを多く頂いていますので

 

改めて ネフ博物館について紹介します。


2017年夏に開館したのが

ネフ博物館

 

 

ネフ社3代目パトリックと

 

所狭しと

ネフ社の歴史

そして

歴代のネフの玩具たち 約400点が 集められ、展示されています。

ここでは、残念ながら、廃盤、絶版になった名作にも再会することもできます。

 

こちらは、創業者クルト・ネフ氏が最初にデザインした ネフスピール

 

前回訪問したときは、同じ場所にあった

ネフ氏の試作のための工房に

ネフ氏の作業場

飾られていたものです。

 

 

日本では、愛子さま、悠仁さまが遊ばれていたことで知られる

ネフ社の玩具

→ネフの積木

ネフの積木

 

スイス訪問の際は、是非訪ねたいものです

 

 

ネフ・博物館 Naef-Museum

 

行き方

 

Zurich 駅からスイス鉄道

 

 

スイス鉄道の車掌さんは、とても親切^^

 

Bern 行きIRで Olten 下車

Susee 行き(など)で Zofingen 下車 徒歩15分ほど

 

 

Naef- Museum c/o Naef Spiele AG,

untere Brühlstrasse 11, CH-4800 Zofingen

ネフ社の営業日に 開館

午前8時~正午 14時~17時

 

 

 

ネフの積木と その与え方については

ベビートイ・2級インストラクター養成講座

ベビートイ・1級インストラクター養成講座

などで学ぶことができます。

 

→日本知育玩具協会公式メルマガはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本知育玩具協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります