知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

将棋の藤井4段が3歳から遊んでいた立体パズルとして

注目されているキュボロ

 

MBS 毎日放送

林先生が驚く初耳学 でも取り上げていただきましたね

 

実は

スイスでは、小学校の授業に取り入れられているのです

その教授法を学ぶべく

 

スイス・チューリッヒに来ました。

いよいよ旅の目的、キュボロの小学生向けの教授法を学びます。

 

チューリッヒの小学校を会場として

 

小学校の教師向けの キュボロセミナーが始まりました

所狭しと

キュボロの資料

 

クリエイティブシンキングのタスクカードが並んでいます

 

発明者である、エッター氏直々に

キュボロの理論を学びます

 

この講座には、キュボロの「遊び」を生かしつつ

 

非認知能力

プログラミング能力や、分析力など、小学校教育で

子どもたちが求められる能力を

最大限に伸ばすための指導法が詰め込まれています。

 

 

 

教師のキュボロにつての身につけるべき知識、指導の見通し、

子どもへの助言のスキルなどが

 

休みなく続きました。

 

 

さらに

この講座の終了後から、翌日にかけては

講座内容の詳細を徹底的に個人指導を受けました。

 

この講座を日本に持ち帰り、開講するのが楽しみです。

 

 

 

さて、日本でキュボロが注目されることになった秘密は

こちらのブログでご覧ください

 

⇒藤井聡太さん(将棋史上最年少プロ棋士 )の直感力を育てた

 立体パズルのもう一つの秘密とは

 

 

日本知育玩具協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります