知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

自らがアスペルガー症候群・ADD(注意欠陥障害)の
診断を受ける こよりさん

 


ご自身の育ちや育児経験を語っていただく中で、
発達障害におけるおもちゃの役割と
その与え方について学びました。

 

定型の子どもたちへの

おもちゃの選び方

与え方

 

発達との関連性

月齢、年齢、遊びの成熟に沿った成長を私が語り

 



こよりさんには

その世界観とは、全く異なる

 

発達障害

非定型の子ども達の世界から

おもちゃとその与え方について語っていただきました


発達障害・非定型発達の子どもたちは、

一人ひとりが全く違う。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

五感、感覚が全く違う。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

成長のプロセスが全く違う。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

定型発達の大人や子どもの中で

不安、苦痛を感じやすい。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

定型の子どもたちとは違うが

成長し、色々な能力を獲得できる。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

社会性を身につけることができる。

 

発達障害・非定型発達の子どもたちは、

誰でも幸せになれる。

 

たった2時間の中で、溢れるほど多くのことを

学ばせてもらいました。

 

↓こよりさんの著書

 

セミナーの後はマイスターとのランチ会で

定型、非定型の感じ方についてさらに深める時間を持ちました

 

→メルマガの登録はこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本知育玩具協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります