知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

最年少VS.最年長 ~“天才”少年棋士 鮮烈デビュー~

NHKクローズアップ現代 1月16日放送

 

藤井聡太さんが、

3歳のとき夢中になっていたあるものが

彼の天才的な直観力を養っていた ・・・

 

鮮烈のデビュー戦 勝負の決め手は 直感力

 

デビュー戦

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんが

開始わずか2分に指した「8五歩」に注目が集まります。

 

先輩プロ棋士たちでさえ、あたかも無駄な一手であるかのように感じた

 

この一手で

 

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは

最年長プロ棋士加藤九段に逆転勝利をしていくのです。

 

解説の中村 太地六段によると、将棋の手の可能性は、

10の220乗通りあるのだそうで、60手先までを見通すのは不可能なはず。

 

その

 

不可能を 

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは、その奇跡的な直観力によって

可能にしたのです。

 

理化学研究所

脳科学総合センター の 田中啓治先生によると

 

プロ棋士は 無意識の行動をする部分 「直感」をつかさどる部分の

脳の活動が活発

 

↑脳のこの部位

 

そしてそれは

詰め将棋や、立体パズルを繰り返すことで養われる(優れたものになる)のだそうです。

 

実はその直観力、

3歳のときにあるものによって養われていたのです。

 

 

母が明かす 藤井聡太さん の秘密

天才の直観力は積木=立体パズルによって養われていた

 

母親の藤井裕子さんが

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんの3歳の頃を語ります。

 

それが この立体パズル

史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんは

この立体パズルを与えられ

 

玉の道を積木で組み立てていくのです

 

お母さんには今でも難しいこの木製の立体パズル

 

 

彼は3歳で飽きもせず取り組んでいたのです

 

 

これが3歳のとき作ったパターン

 

そして

将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんを育てた積木・立体パズルこそ
スイスの玉の道の積木 キュボロ

キッズトイ1級インストラクターが開講する

 

「初めての玉の道講座」で教える立体パズル

 

将棋の天才 藤井聡太さんは
3歳から何箱ものキュボロを遊びこなしていました

 

キュボロは、直観力を飛躍的に向上させる 積木・立体パズルなのです

 

 

キッズトイ・1級インストラクター養成講座では、この玉の道の教え方を学びます。

初めての玉の道講座 を開講することができます。

 

 

 

この講座は、こちら ↓ のインストラクターが開講しています

 

【千葉県】 柏渕 麻紀

【東京都】 中村 桃子
【東京都】 石村 聖子
【神奈川県】 川合 祐子

【愛知県】 粂 圭子 

【愛知県】 佐藤 槙子
【愛知県】 和田 晶子
【愛知県】 武川 幹子
【愛知県】 蟹江 真理江

【愛知県】 伊藤由見子
【石川県】 織田 侑里
【岐阜県】 山川 眞智子

【沖縄県】 島袋 智子

 

協会認定講師 一覧

 

⇒藤井聡太さん(将棋史上最年少プロ棋士 )の直感力を育てた

 立体パズルのもう一つの秘密とは

 

ドイツ・ニュルンベルクを訪問し、

クボロ考案者エッター社長にインタビューを行いました

⇒ブログ記事はコチラ

NHK名古屋放送局「ナビゲーション」で 1月6日放送

 

キュボロを学ぶ講座、遊ぶ体験会についてのお知らせを希望の方は、

メルマガに登録してください ↓

 

⇒知育玩具協会公式メルマガ登録

日本知育玩具協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります