おはようございます 江戸散歩です

 

 

六本木ヒルズ 森美術館 15周年記念展は「建築の日本展」が開催中川です

 

 入り口に入るといきなり🔻が登場します

日本の伝統建築工法  木組み

 

柱と柱を釘を使わず組んで行く

 

お城や寺社仏閣などが代表的な木組み工法です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 背丈の3倍以上の高さで一体何個の木を使っているんでしようか

数もビックリしますが、組み立ても大変だったと思います



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラノ国際博覧会2015日本館で出展した 木組インフィニティ 立体木格子を再現しています

作成したのは、北川原 温 氏です

 

 

組み方は構造部によって様々な技術があります

このような工法は時間と労力が掛かり過ぎるため、こだわりがある建物のみが採用しています


このような工法は大事に守って欲しいですね


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木組みだけでここまで組み合わせると圧巻です


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内の撮影場所は5箇所あります


それ以外では、係員に速攻注意されます。

フラッシュも駄目でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月までやっていますので、また行きたいですね

 

 9つのステージで模型での展示が中心です

この日は小型端末機で耳に押し当てて聴く事にしました

500円です。


 こちらのサイトで詳しく解説しています

http://world-architects.blogspot.com/2018/04/japan-in-architecture.html?m=1



 

 

 

 

 

 

 

 次の撮影ポイント


千利休の作と伝えられ、現存する日本最古の茶室建築、国宝〈待庵〉を原寸で再現しています

 

 

 展示スペースの床面いっぱいに敷き詰めた木のチップが、誠に良い香りして心が落ち着いてきます


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本最古の茶室建造物であると同時に、千利休作と信じうる唯一の現存茶室である


利休の邸宅にあった茶室ですが、秀吉の山崎の合戦の陣地にわざわざ移築して秀吉をもてなしをしています


 

 

 

 

 

 

草のつるを絡ませた窓枠

利休のこだわりですね


 

 

 

 

 

 

 

 

 待庵は妙喜庵(みょうきあん)の中にあります

京都府乙訓郡大山崎町にある仏教寺院。山号は豊興山。妙喜禅庵とも称する。

 

なるほど❗山崎の合戦の地元にあったのですね

 

 

 

 

 

 

腕木庇を支える木組みは竹を使っています


 

 

 

 

 

 

 この丸太も原木を使う事には何か意味があるのでしょう


茶道の精神は奥が深いです



 

 

 

 

 

 

 茶室の入り口

狭いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 庇ほ何枚も張り重ねた構造になっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 侘び錆びは実感出来ませんでした