生田緑地ばら苑 春バラ①

テーマ:

おはようございます 江戸散歩です

 

 

 

生田緑地ばら苑は、年2回の公開を行っています

 

春の公開は、5月27日をもって終了致しました

 

 

生田緑地ばら苑は、2002年に向ヶ丘遊園の閉園に伴い、園内に咲いている

バラを市民が管理したい声を川崎市が希望を聞き入れ生田緑地ばら苑として

開園しました

 

 

 

 

和名の「薔薇」は、トゲのある低木の総称である「いばら(茨)」 が転訛したものと言われています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラの本数によって花言葉があるそうです

 

1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」

 

999本「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

 

 

 

999本の花束ってどれくらいですかね

 

 

想像以上の大きさでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本数ネタ   15本「ごめんなさい」    びっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花びらひとつ見ても様々な形があります

 

個人的な好みは、咲く前の蕾が少し開いている時が良いですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日の午前中でもこの混雑

 

老人ホームの方々が大勢来ていましたね

綺麗な花を見て穏やかな気持になるのは大事ですね

 

 

 

 

 

 

 

右下のバラの花びらの形は凄いですね

折り畳まれた花びらがこれから咲くぞ!というメッセージが伝わります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天使でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半へ続きます