おはようございます 江戸散歩です

 

静岡・山梨の旅は

 

静岡県から山梨県へ向かいます

 

 

 

身延山久遠寺の最初にやってきましたのは総門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総 門
28世日奠上人建立。36世日潮上人の書による「開会関」の扁額は全ての人々が法華経のもとに救われる関門という意味

 

いきなり、裏側からお見せして申し訳ありません

標識がある方向から入ってきますが、この総門を全ての車、大型観光バスなどもここを通過します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開会関 ( かえかん)

皆、救いを求めて法華経の元に集まるという言い伝え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南無高祖日蓮大菩薩

 

大菩薩とは釈迦の使いの事だとの事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総門の右手には、歴史を感じさせる造りの建物

総門を守る番屋的な存在でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

千社札がたくさんあります

千社札って、持ち主の断りなく勝手に貼るものですよね

場所によっては千社札禁止の張り紙をしているところがあります

 

千社札は自分がここにお参りに来たとの証です

名字が書いてある千社札 折角の建造物が台無しです

無意味な行為は止めて欲しいです

 

 

 

 

 

 

障子を仕舞う戸袋が存在感抜群です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総門の脇の高台には、山之坊と呼ばれる建物があります

 

 

 

 

 

 

山之坊(やまのぼう)
元亀3年(1572) 15世日叙上人代に開創。
最初は鷹取山の尾根にある山神社の傍らにあったといいます。
東之坊・円柳坊は明治初年に山之坊に合併。
総門別当として、総門の管理を行っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身延山は仏法僧繁殖地だとの事

 

でも、ブッポウソウとは鳴かないのは笑いです