おはようございます 江戸散歩です

 

 

 

 

GWの前半は、静岡から山梨へ旅行に行ってきました

 

 

最初に向かったのは、広重のある風景の場所です

 

歌川広重 東海道五拾三次
由井 薩埵嶺

難所である薩埵峠(さったとうげ)を越えた先、富士と駿河湾が一望できる地点から描いた明るい絵です。足のすくむ断崖からへっぴり腰でのぞく仕草をして、眼前に開けた風景を眺める旅人の姿が小さく描かれています。岩肌をあらわにした山道の険しさと、静かで広々とした海上とを対比させ、立体的に見せた傑作といわれています。

 

 

東海道の資料館などへ行くと、広重の描いた東海道五拾三次が見えます

デフォルメに描かれるの有名ですが、この絵が実際はどうだったかが前から見たかったのです

 

 

 

 

薩埵峠展望台からは、この様に見えます

広重の絵とは大きく違いがありますが、現代の様にネットで様々な画像が見れる時代とは異なり、昔は広重の絵だけでその場所を思い描いていたんですね

まさに、広重の五拾三次は江戸から京までの風景がこのようだったと思っていました

 

薩埵の「埵」は太字になっています

マイクロソフトのIMEでは候補が出てきません

Google日本語入力のみこのような特殊文字で出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、ここはどの辺の有るかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板の向こうには、富士山がくっきりと見えますね

 

今回の旅は、富士山を各地で拝みたいので見えると嬉しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東海道本線由比駅

駅前はこじんまりとしてのどかな雰囲気が良いですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

由比から薩埵峠へは、細い山道らしいので十分に注意して行きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薩埵峠展望台へは、駐車場からみかん畑を通りながら進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが展望台です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山の裾野が見えませんが、しっかりと雪をかぶった姿を拝めました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右から、東名高速下り車線、隣が上り車線 由比のパーキングエリアはもう少し東京よりです

真ん中に国道1号線、隣が東海道本線となっています

台風シーズンなどはテトラポットを乗り越える大波が来て、時々通行止めにもなります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面は富士市蒲原付近です

富士山信仰とはまさにこの光景を見て、富士を神と崇め祀る事信仰としました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駿河湾がキラキラして気持ちいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士市の向こうは伊豆半島

釣り人はついつい潮目を探してみたり、沈み根などを探します

勿論、釣り人がいるかをもチェックします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台には各駅の距離を表示する案内板があります

興津駅は4kmもあるんですね

来るまで来る際には、興津方面から来ることを推奨しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘夏みかん

温暖な気候が果実を実らせます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾斜地の農業には、この1本レールのトロッコ?みたいな運搬車でみかんを運びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たわわに実がなっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産地のみかん、清見という品種とザボンがあります

 

 

 

 

 

 

みかん畑に囲まれた薩埵峠はいかがでしたか?

広重の浮世絵も実際にはかなり違う事が判りました

実際にこうして自分の目で確かめに出かける事が興味深いですね

東海道歩きをしていますが。広重の53箇所を見て回るのも面白いですね