静嘉堂文庫 ①

テーマ:

おはようございます 江戸散歩です

 

 

 

国分寺崖線の傾斜を利用した庭園があるのが、静嘉堂文庫です

 

ここ静嘉堂文庫は三菱の岩崎家が作った建物です

 

このスクラッチタイルの洋館が静嘉堂文庫です

 

 

文庫の建物は、桜井小太郎(1870~1953)の設計により、大正13年(1924)に建てられました。鉄筋コンクリート造2階建スクラッチ・タイル貼りの瀟洒な外観は、当時のイギリス郊外住宅のスタイルを顕著に表しています。  静嘉堂文庫HPより転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静嘉堂文庫美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静嘉堂文庫の周辺を撮影してみます

 

 

 

 

 

 

 

大きな樹が周りにある静嘉堂文庫

ここが世田谷とは思えない自然豊かな場所です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーチ状の入口は小さなドアが一つあり質素な建物です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠は細かい格子状のもので上下に辺の長さが違います

珍しい窓枠ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似たような写真ばかりですみません

明治以降日本に導入された洋式建築の代表的な壁にこのスクラッチタイルが採用されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文庫と美術館の間にあるこの樹の存在は大きいです

 

 

何本もの添え木で支えられるこの樹はなんていう樹でしょうか

 

 

 

この後は国分寺崖線がある庭園に降りてみます

 

 

 

静嘉堂は、岩﨑彌之助(1851~1908 彌太郎の弟、三菱第二代社長)と岩﨑小彌太(1879~1945 三菱第四代社長)の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財84点を含む、およそ20万冊の古典籍(漢籍12万冊・和書8万冊)と6,500点の東洋古美術品を収蔵しています。静嘉堂の名称は中国の古典『詩経』の大雅、既酔編の「籩豆静嘉」(へんとうせいか)の句から採った彌之助の堂号で、祖先の霊前への供物が美しく整うとの意味です。

明治期の西欧文化偏重の世相の中で、軽視されがちであった東洋固有の文化財を愛惜し、その散亡を怖れた岩﨑彌之助により明治20年(1887)頃から本格的に収集が開始され、さらに小彌太によって拡充されました。彌之助の収集が絵画、彫刻、書跡、漆芸、茶道具、刀剣など広い分野にわたるのに対して、小彌太は、特に中国陶磁を系統的に集めている点が特色となっています。  静嘉堂文庫HPより転載