金沢旅行⑨ 金沢城編

テーマ:

おはようございます 江戸散歩です

 

 

 

今日から始まる江戸散歩の金沢城散歩

 

 

 

 

 

さて、江戸散歩の金沢城散歩は

 

ここからです

 

 

凛々しい前田利家公

この天を突き差すかのような兜は、金鯰尾兜といいます

 

 

 

 

 

この像が立っているのは石川門下になります

地図の真下にこの像はあります

左手に石川門があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左が石川門です

前田利家公は金沢の人から愛されているんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は石川門から入らず大手門から入る事にします

本来、登城は大手門からが普通です

 

地図の右側の遊歩道を歩いて行きます

 

 

 

 

 

金沢城の脇を通る遊歩道は良く整備されていて気持ち良いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月でもまだ紫陽花が咲いています

東京と比べまだ涼しいのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道に銅像が立っています

 

品の良さそうな和服を召したご老人

室生犀星さんです

室生 犀星(むろう さいせい、本名: 室生 照道(てるみち)、1889年(明治22年)8月1日 - 1962年(昭和37年)3月26日)は、石川県金沢市生まれの詩人・小説家。別号に「魚眠洞」。 

 

抒情小曲集の「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」の詩句が有名である。この句の通り、文壇に盛名を得た以後も金沢にはほとんど戻らず、代わりに犀川の写真を貼っていたという。

 

wikiより転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兎を抱っこしたご老人

泉鏡花さんです

 

泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、日本の小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎(きょうたろう)。金沢市下新町生れ。

尾崎紅葉に師事した。『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られる。また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。他の主要作品に『照葉狂言』、『婦系図』、『歌行燈』などがある。  wikiより転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋装のご老人は徳田秋声さん

 

徳田 秋声(德田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。本名は末雄(すえお)。 wikiより転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銅像は他にもありますが

なぜかこの銅像に目が留まりました

誰かに似ている 昭和の方なら知っているだろう 森田健作さん

現在の千葉県知事です

似ていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手門から登城です

佐久間盛政の頃、大手門は西丁口にあったが、前田利家が入城した後に大手門を尾坂口に改めた。 尾坂門も大きな枡形で城内でも屈指の大きな櫓台を備えているのが、現在残っている絵図ではすべて「櫓台」として表記され、櫓がのっている事実は確認されていない。 金沢城公園HPより転載

 

ここは観光客がほとんど訪れない寂しい門です

江戸時代はここが正面玄関でしたが、現代となっては兼六園に近い石川門が表玄関に取って変わってしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手堀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手門櫓台跡

櫓台石垣が築き上げているが、文献などには櫓や長屋があったと言う記録が無いそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣フェチは中々前に進めません

こうして石垣に刻みを入れているのは石垣の積み方の指図や誰の石垣普請かが判るようになっています

上の2枚目中央の溝はなんでしょうかね

大手門が現在の場所に移築したそうなので、違う場所に使われた石垣をここに使ったのではないかと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新丸広場

新丸には、次々と藩の重臣の屋敷が建てられ、戦時には早くこの場で防御できるように考えられていた。 しかし、藩の役所が増えてきて、重臣の数も多くなってくると、この場所だけでは狭くなり、 重臣の屋敷を次々に城外へ移した。そこで、藩ではここの空き地ができたところに細工所を設け、 甲冑、大小刀、弓矢等の修理や製造も行い、多くの細工者を集め、禄を給させた。 しかし、これら細工所も宝暦9年(1759)の大火で焼け失せ、その後、再建することなく、 堂形辺(現在の県庁のある所)に仮屋を建て、細工所とした。この新丸のあと地が現在の「新丸広場」である。  金沢城公園HPより転載

 

重臣の移した屋敷が現在の武家屋敷跡ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは菱櫓です

 

 

 

 

漆喰壁が華麗さを表している金沢城

 

次回はいよいよ金沢城へ入ります