今日は「垢抜ける」についてです

そもそも垢抜けると言うのは女性の着物の着こなしから
来ているようです

上方の女性は綺麗な色の着物を好むのに対し、江戸の
女性は渋めの柄などを好んでいたそうです。

その中で赤ぬけると言って、赤い色などを身に着けなくても
色気が出るようにしたそうです。江戸の女性は中身で勝負
と言うことです

そこから垢抜けるとなったそうです

赤なしで勝負する江戸女性の心意気が感じます


江戸散歩のブログ

ペタしてね