指輪の磨き | 江戸鼈甲屋のブログ

江戸鼈甲屋のブログ

東京の下町亀戸の江戸鼈甲屋です。
ブログ始めました。
頑張って更新していけたらと思いますので、よろしくお願いします。

今回はデパートに出店していた際に、艶がな無くなったとご相談いただいた指輪です。

 

いつもいつも磨き作業のご紹介ばかりで申し訳ございません。

 

もっと見ごたえのあるような作業もご紹介したいのですが、私が不在で写真を撮れるタイミングを逃してしまっていたりと、ご紹介できないでおりますので、今後もっと色々な修理や加工をご紹介できるよういたしますので、よろしくお願いいたします。

 

指輪の磨き作業に戻りますが、まずは画像をご覧くださいませ。

表側もですが、直接肌に触れる内側はだいぶツヤが無くなっているうえに、シワのようなものがいくつかできてしまっております。

 

ここまでの状態になってしまいますと、新品のようにキレイに戻すのは難しいです。

 

相当削って磨けば新品のように戻せくもないのですが、磨けば磨くほど若干ですが、べっ甲が薄くなってしまいます。

 

薄くなると耐久性も落ちるので、磨きすぎはあまりおすすめはできません。

 

特に指輪の場合は、サイズが変わってしまいますので。

画像では分かり辛いと思いますが、指輪の内側は完全にはシワは取りきれませんでした。

 

指輪の場合は常に肌に触れているので、こまめな乾拭きが長く使っていく秘訣となっていきます。

 

手洗いや、今だとアルコール消毒もあまり良くはないのですが、濡らしてしまった後にできればしっかりと乾拭きをするとツヤは無くなりにくいです。

 

一番良くないのは、べっ甲の指輪を付けたままのお風呂とサウナです。

 

あと、これからの時期だと、手洗いや食器洗う際もお湯を使う可能性がございますが、お湯は水以上にツヤが無くなりやすいのでお気をつけください。

 

出先の場合は、手洗いで外してしまうと無くしてしまうことがあるので、仕方がないですが、ご自宅にいらっしゃる場合はできるだけ指輪を外して、手を洗ったり、食器を洗ってください。

 

とにかく濡れたままが良くないので、基本的には外した後や、濡らしてしまったら乾拭きをするというのを頭に入れておいてください。

 

それでもツヤが無くなってしまいましたら、べっ甲屋さんにお願いしてください。

 

今回のカメオのリングの磨き作業で、¥4,400(税込)でございます。

 

べっ甲の修理や加工の金額は、色、厚さ、程度などでだいぶ変わりますので、まずはべっ甲に関することでお困りなことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

今週の催事出店のお知らせです。

 

・9/9(木)~9/15(水)

 

 東急百貨店吉祥寺店 8階催物場

 

 「日本の職人展」

 

 10時30分~19時 ※前半最終日は17時閉場

 

催しは9/9(木)~9/21(火)まで開催しておりますが、石川べっ甲製作所は前半の9/9~9/15の出店でございますので、お気をつけくださいませ。