時計の磨き | 江戸鼈甲屋のブログ

江戸鼈甲屋のブログ

東京の下町亀戸の江戸鼈甲屋です。
ブログ始めました。
頑張って更新していけたらと思いますので、よろしくお願いします。

今日は時計の磨き作業のご依頼です。

 

べっ甲は汗や水分などが付着したままにしておくと、艶が無くなる原因となります。

 

これから段々と暖かくなってきて、汗もかくようになります。

 

ご使用後に軽く乾拭きするだけで大分違いますので、使ったら乾拭きというのを頭に入れておいて下さい。

 

特に直接肌に触れるような、ネックレスの首の周り部分、眼鏡、時計、指輪は常に肌に触れるので乾拭きをお願いいたします。

 

それでも艶が無くなってきたら職人が機械で磨くことによって艶は戻るのですが、蒔絵が施されていたり、細工が細かい物は磨けない事もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

時計の磨く前の画像です。

艶が無くなっているのですが、表面もザラザラします。

 

これがもっとヒドくなると、張り合わせている材料がめくれてきてしまうこともありますし、磨いても完全にキレイにできない可能性もございます。

 

なのでお早めに磨くことをオススメいたします。

艶も出ましたし、表面もツルツルになりました。

 

時計の磨き作業のお値段は艶の程度によって変わってくるのですが、大体3,000円~5,000円でございます。

 

まずはお気軽に問い合わせくださいませ。

 

 

現在出店中の催事をよろしくお願いいたします。

 

阪神梅田本店、岩田屋本店、水戸京成百貨店ともに5月28日(火)まで出店しておりますので、是非とも遊びに来てください。

 

 

江戸鼈甲屋   べっ甲修理.COM   ROMAN-BE

〒136-0071

東京都江東区亀戸2-36-10 (地図)

03-3636-3595

火曜定休(催事出店などで臨時休業することがあります)