平成最後の修理事例 | 江戸鼈甲屋のブログ

江戸鼈甲屋のブログ

東京の下町亀戸の江戸鼈甲屋です。
ブログ始めました。
頑張って更新していけたらと思いますので、よろしくお願いします。


テーマ:

久しぶりの修理事例です

 

だいぶ前にもご紹介したバイオリンの弓のフロッグです。

 

弓の中でも最上級の物にはべっ甲が使われることが多いみたいです。

 

欠けてしまったのと、画像では分かりづらい虫食いの穴があるんです。

 

今回は接着で修理して、虫食い部分は磨いてならしました。

アクセサリーならまだしも、なかなかこういう物を修理できる所も無いので大変喜んでいただけました。

 

今回欠けたパーツを接着して樹脂で成形して、虫食い部分は磨いてならしました。

 

今回の作業で5,400円です。

 

べっ甲の修理は程度、色、厚さでお値段は変わってきますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

江戸鼈甲屋では5月6日までセール絶賛開催中です!

 

そしてありがとう平成! さようなら平成!

 

江戸鼈甲屋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ