かんざしの修理 | 江戸鼈甲屋のブログ

江戸鼈甲屋のブログ

東京の下町亀戸の江戸鼈甲屋です。
ブログ始めました。
頑張って更新していけたらと思いますので、よろしくお願いします。


テーマ:

今日はかんざしの修理です。

 

一本挿しの葉っぱの飾り部分が折れてしまいました。

これは構造的に材料を貼り合わせての修理ができないので、接着で直しました。

接着でくっ付けて、接着面をできるだけ目立たなくする為にならして、全体的に磨ける部分は磨きました。

 

かんざしは使用した後に髪の油分が付いたままそのままにしておくと艶が無くなる原因となりますので、使用した後は乾拭きすることを頭に入れておきましょう。

 

今回接着で直しましたが、折れた葉っぱ部分を持って挿したり抜いたりしなければ、再び取れてしまうことは無いと思います。

 

ご来店やご郵送で実際に拝見させていただくか、メールで写真を送っていただいても修理が可能かどうか、大体のお見積りを出すことはできますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

メールでお問い合わせいただく場合、送っていただいたアドレスに当社のパソコンのアドレスから返信するのですが、AU、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアのアドレスを使用されている方は、パソコンからのメールを拒否する設定にしている事が多いと思います。

 

そうするとうちのほうでも届いたのか、拒否されて届いてないのかわかりませんのでお気をつけくださいませ。

 

 

引き続き、広島三越と藤沢さいか屋に出店中です。

 

江戸鼈甲屋でも紳士小物がお買い得になる「父の日セール」を開催中ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

江戸鼈甲屋   べっ甲修理.com   ROMAN-BE

〒136-0071

東京都江東区亀戸2-36-10 (地図)

03-3636-3595

10時~19時

火曜定休

江戸鼈甲屋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス