カステル・マダーマ CASTEL MADAMA その2 | イタリア ローマの新聞屋さん

イタリア ローマの新聞屋さん

イタリア在住15年。
以前エディーコラ(新聞や雑誌を売るお店)を
経営していましたので、このタイトルです。
お店は売ってしまいましたが、続けて興味のある
イタリアの芸能、旅行記、食などについて書きます。


夜の雰囲気 星空

$イタリア ローマの新聞屋さん

階段の手すりの植木の飾り方が素敵です。 チューリップ赤


前回は、
駐車した時に目の前にツーリストインフォメーションがあり、
近くのバールにはたくさんの地元の人が屯してたので、
つい中心街にいるもんだと勘違いをして、
インフォの人に、
「初めて来たんですが、この町は新しいですねえ。」と
言ったら、中世の町ですという。
教会も建物も新しいのにおかしいなあと、、、
帰ってから、いただいたパンフレットを見てみると
中心街にも入らずに、お城もこの町で一番大事な教会も見ずに帰ってきてしまったことが判明。
がーん。。。 ショック!


ということで、再度、訪れました。

CHIESA DI SAN MICHELE ARCANGELO

大天使ミカエルの教会
$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん

1775年に Pompeo Schiantarelli という建築家により
Stile Neoclassico 新古典スタイル
この町で一番大きな教会が建てられました。
大天使ミカエルに捧げられた教会です。
たくさんのアーティストにより、手を加えられたり、修復され今に至るようです。


この町の守護聖人 ミカエル
ダウンこれは城壁の外の教会の絵。
悪魔を踏みつけてます。

$イタリア ローマの新聞屋さん


こちらは中心街の小さな教会

$イタリア ローマの新聞屋さん

$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん


興味深い古そうな壁もありました。

$イタリア ローマの新聞屋さん
$イタリア ローマの新聞屋さん


ここは人口7500人程の小さな村。

Olive da tavola
昔からオリーブの産地で
人々はオリーブをパッケージに入れたりして出荷する仕事をしていました。 
お家の暖炉でゆっくりと乾燥させる黒いオリーブでした。

大戦前は地元産のものだけを使っていましたが、
南イタリアのものも使うようになり、
1970年からはギリシャ産も。
80年半ばには50パーセントを超えるイタリア市場を確保していたようです。
今では農業をする人は少なくなり、
電車に乗って大都市へ働きに出るようになったそうです。



パリオ 競馬祭りが7月に行われます。Palio Madama Margarita

町内ごとに別れて競い合います。

$イタリア ローマの新聞屋さん


Sagra della pera spadona 梨祭り も7月です。
民族衣装が可愛い。ラブラブ インフォで貰った資料より

$イタリア ローマの新聞屋さん


5月と9月にミカエルのお祭りがあるそうです。


噴水の写真コレクション
この町の噴水は変わった形してる。
下にバケツを置けるように台になってるのかな。


$イタリア ローマの新聞屋さん

$イタリア ローマの新聞屋さん

ガルバルディ広場の大きな噴水

$イタリア ローマの新聞屋さん

ガリバルディ広場

$イタリア ローマの新聞屋さん

日も暮れてきたし帰るとするか。。。
またお祭りがある日に来てみたい。 音譜

この町周辺には、1、2時間で楽しめるトレッキングコースがいくつかあるらしいので、
また暖かくなったらチャレンジして報告します。
畑の中を歩いて散歩して遺跡や教会巡りです。霧


参考にしたページ
http://www.tibursuperbum.it/ita/escursioni/castelmadama/index.htm