婚約者 I Promessi Sposi | イタリア ローマの新聞屋さん

イタリア ローマの新聞屋さん

イタリア在住15年。
以前エディーコラ(新聞や雑誌を売るお店)を
経営していましたので、このタイトルです。
お店は売ってしまいましたが、続けて興味のある
イタリアの芸能、旅行記、食などについて書きます。

今日、エディーコラでこの本が発売されました。9.90ユーロ

『婚約者 I promessi sposi』

$イタリア ローマの新聞屋さん-I Promessi Sposi

このお話しのオリジナルの作者は Alessandro Manzoni で、
イタリア統一以前の、イタリア文学の中でも最重要なものだそうです。

お金がユーロではなく、リラの時、お札の裏に彼を使われていたことがあったそうです。
Manzoni通りやManzoni広場も馴染みですよね。

RAI (テレビ局)の、この話のドラマをDVDにしたものが、エディーコラで時々発売されますが、いつも人気です。

いつも読んでみたいと思っていたのですが、原作はちょっと私には難しいな、、、と思っていたところ、
昨日、テレビコマーシャルで
『 Umberto Eco によって書かれた、I promessi sposi エディーコラで発売!』
っていうのを見ました!


ウンベルト・エーコについてはこちらウィキペディアで


大人の絵本って感じで、これなら、私でも音譜読めそう。


最後のウンベルト・エーコの解説で、
『 たくさんの大人が彼のこの作品は、退屈で読んでられないと言われるけど、そうでない。
14歳くらいで学校で読まされるからだ。
僕はお父さんに貰った初めての本のプレゼントがこの話だった。
もちろん、文章が長く難しいので大変で、僕も3,4回読んだけれど。
Alessandro Manzoniはこの作品を200年前に20年掛けて仕上げました。
なかなかうれないので出版社を何度か変えて、挿絵を描いていた Gonin とも一つ一つ話し合いました。
そしてフィレンツェで使われている言葉を使い、イタリア人皆にわかるようにしました。』

このようなことを書かれています。



これからイタリアは記録的な寒波が襲うらしいので、家で大人しく、読書の冬をしようと思います。アップ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

毎週土曜に、このシリーズが発売で、作者、作品が変わります。

DAL 1 DICEMBRE
La storia de I Promessi Sposi. Umberto Eco

DALL'8 DICEMBRE
La storia di Gulliver. Jonathan Coe

DAL 15 DICEMBRE
La storia di Cyrano de Bergerac. Stefano Benni

DAL 22 DICEMBRE
La storia di Capitano Nemo. Dave Eggers

DAL 29 DICEMBRE
La storia di Don Giovanni. Alessandro Baricco

DAL 5 GENNAIO
La storia di Delitto e castigo. Abraham B. Yehoshua

DAL 12 GENNAIO
La storia de Il Naso. Andrea Camilleri

DAL 19 GENNAIO
La storia di Gilgamesh. Yiyun Li

DAL 26 GENNAIO
La storia di Antigone. Ali Smith

DAL 2 FEBBRAIO
La storia di Re Lear. Melania Mazzucco

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今、うちのお店で売れまくってる、これも

ウンベルト・エーコによる歴史の本 L'ETA' MODERNA E CONTEMPORANEA

第一巻が1500年代から始まります。
今週発売された十巻、1800年代、日本の江戸の歴史の解説もされてます。
9.90ユーロ