絵心 | Kiirakira♡日記

Kiirakira♡日記

海外から斬るいろんな話!XJAPANのこと沢山書くようになりました。

忙しくて凹んでる時間があまりないのが幸いしている今日此の頃ですが、東京のマスカレード展終わりましたね。

えっと

実は、私のバックグラウンドなんですが、日本の有名美大と、アメリカでも、とても有名な美大出身者です・・・つまり、一応そっち系の人間。
という立ち位置におりましてあせる

考えてみたら、

筆を持って絵の具使ってアートすることなんてもうしばらくやってないな〜と一生懸命描いているToshlの後ろ姿の写真みていて思っていました。


いやいや、

パソコンでアートすることに意義がある世界で勝負することもう何年でしょうねぇ・・・ウインク


Anyway・・・


マスカレードの絵を見ていて、というかポスターにもなっているあのリボンひらひら舞っている絵を見た時は、最初、構成とか、色とか、モチーフとバックグラウンドの適合性とか、いや〜素人だから分かってないけど、しょうがないよな〜。

とか

まあ、美大に受かるという目的で書かれていたとしたら、完璧落ちるなトシくん汗びっくり

な〜んて、結構冷ややかに得意げゴメンネ、トシくん汗

見ていました。



でもね。



東京・展の画像見ていて思ったんです。

彼の描いている絵は、そういうスキルやテクニックや構成や色やコンセプトとかじゃなくって、彼の心をそのまま映し出した媒体としての絵なんだなと。

だから。

すごいな〜と。

私たちが死ぬほど勉強したり、練習したり、プロを目指そうと書き続けてテクニックを身につけてきた絵とは違って、

生身のToshlをそのままオープンに出してみんなに伝えようとしているその表現の手段のマスカレード←々トシくんそう説明してくれてたやーんべーっだ!

そして見る側も、そういうテクニックとか色とか構成とかを見に来ているのではなくって、生身のtoshlを受け止めるために、見に行って、そして感動して・・・

すごいなあ・・・


ある意味自分の内面を開けら様にすることって恥ずかしかったり、どう思われるんだろうって怖かったりするじゃないですか?特に個展なんて素人としてやるには。。


それを、堂々とやってくれたんですからニコニコ

大したもんですビックリマークビックリマーク



Toshlはそこまで人を信じ、自分を信じることができてるんだビックリマーク



私も自分であろうビックリマーク 自分らしく生きよう←ワンオク、タカの十八番

と元気と強さをもらいました。


ありがとう、Toshlニコニコ