こんにちは。

ウレシパ・フラノでございます!

 

2019年11月16日(土)8時現在山頂75cm、山麓40cm積雪!

今のところ、予定通りスキー場オープンできそうな雰囲気・・・だそうです!

 

お天気予報通り、北海道は日本海側を中心に、暴風雪となっておるようです。

ここ、富良野に降る雪は、日本海からの迫ってくる雪雲が、富良野の手前にあるマオイ丘陵、芦別・夕張山系の山並みにぶつかり、その手前に雪を降らせた後、その降りきらなかった雪が、さらに十勝岳連峰などの大雪山にその雪雲がぶつかって、富良野に雪を降らせます。

 

その影響で、十勝平野エリアは十勝晴れと言われる快晴となることが多いのです。雪がなく晴天になる日は、とにかく放射冷却により気温は冷え込みます・・・。

 

足寄と呼ばれるエリアがあるのですが、(ラワンブキで有名、オンネトーや阿寒湖に行く手前の町です。)その周辺や陸別という地域は、過去にオーロラが観察された事もあるぐらいに、冷えます。

 

富良野も、内陸性気候により、かなり冷え込みます。湿度を含んだ重いボタ雪がまず日本海沿線に降り、水分が少なくなった粉雪が内陸の富良野エリアに降ります。

そのため、降雪量はニセコ方面とは比較にならないほど、少なめです。

 

ですが、水分量が少ない粉雪のため、その雪質はまさに「パウダー」と呼ばれるにふさわしいパフパフの軽い雪になるのです。昨今ではこの富良野や旭川、トマムそして大雪山を含む北海道の中心「北海道パウダーエリア」目掛けてウィンタースポーツを楽しみに、世界中から旅をしに来られる方々をよく目にするようになりました!

 

富良野スキー場営業予定

2019年11月23日(日・祝)〜2020年5月6日(水・振休日)

さぁ〜!準備はよろしいですか??