こんにちは〜

ウレシパ・フラノです!

 

西日本、東京方面から次々と桜開花のニュースが聞こえてくる今日この頃、富良野の桜はいつ開花するの?よく聞かれます。

 

実は、例年ですと、だいたい、ゴールデンウィーク後半からぼちぼち市街地の桜の開花が見られます。ニュースなんかでの報道では、札幌の開花予想が5月2日頃になっているようなので、やっぱり例年通りの開花になるのではないでしょうか。

 

富良野で見られる桜についてです。本州で最も広く見ることができる「ソメイヨシノ」ですが、富良野にはこの種類の桜はありません!といっても過言ではないかもしれないでしょう。では、富良野の桜って??「エゾオオヤマザクラ」と言う種類の桜になります。ソメイヨシノと違ってこの桜は花と葉っぱが同時に開きます。そして花びらも大ぶり、色もピンク色が濃く、比較的大きな巨木です。開花期間は一斉に咲いて1週間ぐらいでしょうか。いつも開花時期頃に雨が降ってしまうので・・・せっかく咲いた桜が散りやすくなると言うこともあります。

 

また、6月中旬以降に開催される富良野近郊の山開き登山なんかで見られる桜「チシマザクラ」なんかも遅咲きの桜として長く楽しめます。

 

今年は、3月前半の陽気から春の訪れももっと早まるのか!?と思いましたが、ここにきて、「寒の戻り」と言うのでしょうか。毎朝、数センチのフレッシュな新雪が積もっている状況が数日間続きました。最低気温マイナス10℃、最高気温2℃・・・と言うような気温です。

 

富良野スキー場の北の峰ゾーンは今シーズンの営業を終了しましたが、まだまだ富良野ゾーンの営業はGWが終わるまで続きます!山からは、「フォ〜!」なーんて言う雄叫びがまだまだ聞こえてきます。4月になろうかと言うのにこのパウダーが味わえるのはやっぱりここ、富良野だからでしょう!!

 

この時期、バックカントリーでは雪崩の季節にもなってきます。引き返す勇気を持って常にバックカントリーでは行動されてくださいね〜。

写真は5月初旬頃の富良野旭ヶ丘公園山頂からの景色