こんにちは!

ウレシパ◆フラノでございます〜

 

先週末から順調に積雪があり、富良野スキー場は大にぎわいの週末だったようです!

そして、手前味噌ではございますが、12月10日に実施した「越冬野菜探検隊!」の様子をリポートさせていただきます〜

 

みなさんももしかしたらお近くのスーパー等々で越冬野菜という表示のお野菜たちを見ていらっしゃるかもしれません。

 

越冬野菜って??

 

そうなんです!基本的には冬野菜、キャベツ、人参、大根、ブローコリー、ほうれん草等々の冬に収穫期を迎えるお野菜たちなのですが、富良野の冬っていうと・・・収穫どころか、辺り一面雪景色で冬野菜って言ってるけど、どうやって育てんだ!?

 

ってなりますよね〜。そうなんです。「冬」の季節のギャップがここで出て来ます。

本州の冬、寒いときは最低気温はマイナス1℃、2〜3℃になりますが、この気温。富良野ではすでに10月〜11月頃の状況です。

 

つまり、

本州でいう冬の季節11月〜2月に育てて収穫する冬野菜は富良野では、一般的に「秋」と呼ばれている9月〜11月にはすでに収穫できることになるのです!!

 

そうやって、秋に冬野菜を収穫し、雪の下で越冬させた野菜。これが雪国富良野の越冬野菜です。

 

なんで雪の下?なの??

続きは、次回のブログでお答えしますね!