こんにちは〜

ウレシパ◆フラノでございます〜!

 

ここ数日、富良野近郊も雨続きでしたが久しぶりに雨が止み、今日は、終日曇り空の富良野でした。天気予報では晴れの予報だったのですが・・・、それでも久々に湿度も下がってまだ、気温は低めでしたが何と無く北海道らしい空気が戻ってきたように感じます。

 

こんな、雨の中でもウレシパ◆畑のじゃがいもの花が満開になりました〜!

 

先日、お客様とお話ししていて、「ジャガイモのお花が満開で今綺麗ですよ〜」とご案内したのですが、「ジャガイモの花って・・・?見たことないので・・・。」

 

ということでしたので、ジャガイモのキタアカリのお花を写真に撮りましたので、ご紹介します〜!

 

ジャガイモって不思議です。

なんか、変だなぁ〜っていつも思っていました。ジャガイモを植えるときは、「種芋」といって、タネを植える訳ではないのです。

 

時々、じゃがいもを置きすぎて芽が出て来ることってありますよね?

その、芽が出てきたジャガイモを半分ぐらいにカットして土の中に植えます。

 

なので、普通だと、花が咲く→その後に実がなる→その中にタネがある→それを植えれば、また芽が出て大きくなって・・・となるはずなのですが・・・。

 

じゃぁ、このジャガイモの花は咲いて、もちろん受粉したら、実がなるのか!?そうなんですよね〜。トマトみたいな実がつきます。だけど、その中にタネができるのか?

 

なんか変な感じです。ちょっと今年は観察して見たいと思います〜!