こんにちは〜

ウレシパ◆フラノでございます!

 

今年も、落書きさせていただきました〜〜〜!!お世話になっております大石農園さんにて貴重な富良野メロンに落書きです!

本来であれば、こんなことしてしまったら傷物ということで市場には出せなくなるのですが、昨年も無理を承知でこの実験をお願いしたところ、快く「いいっすよ」と言っていただき、見事、メロンの落書きが大成功しました。

これ、本当に貴重な体験なんです。

ちょうどメロンがソフトボール大ぐらいの大きさまで成長して来たところなのですが、今が肥大期といって重要な時。この頃にメロンの球を大きくすることでメロンの表皮にヒビが入ります。成長が追いつかなくなるというのでしょうか?皮膚が破裂するイメージです。そのひび割れをメロンも一生懸命修復するわけですが、それがいわゆるメロンの表面に入ったネットになります。その原理を利用して逆にこちらが意図する傷跡をつけるわけです。そうするとそこをメロンが自分で修復、かさぶたを作るようにその傷跡がネットとなって残ります。そうすると文字が浮かび上がるというわけです〜!!!

面白いですよね〜。

これ、すでに全国的にも文字入りのメロンとして、お祝言、お中元用に作られている生産農家さんもいらっしゃいます。

なんと、富良野市内でも、吉田農園さんではサンリオ公認の「キティちゃんメロン」、ファーム奥平さんでは日本ハム公認の「ファターズメロン」を作っていらっしゃいます!!

実際に販売もされているので、ぜひ機会がありましたら探して見てください!

7月下旬頃には私たちのウレシパ・メロンができる予定で〜す!