アモバンとルネスタ2ミリ | まさ子の旅日記 Masako

まさ子の旅日記 Masako

山田まさ子の旅と慶應通信およびドイツ文学の話

 みなさま、入眠導入剤も睡眠薬も同じようなものです。よく、わたしは「導入剤やから」「睡眠薬やない」と、別物のようにいう方、導入剤をアメかなにかのようにかるーく話す人がいるので、注意喚起いたします。

 どっちも依存症残ります。わたしなんて、十数年も睡眠導入剤がやめられず、困っております。

 

 でも抜く努力はやっているわけで、なぜかというと、この手のお薬はだんだん量が増え、効かなくなり、医師がほかのお薬を足して、抗不安剤をプラスする、ということもあり、泥沼になってしまうからです。

 

 最近、大阪のある患者の家族が「睡眠導入剤より、抗不安薬で眠る方がからだにいい」と話しており、ぎょっとしました。

 抗不安戝、なめてへん? でも、そういうお医者さんの処方もあるようです。

 

 

  さて今回は医師のお答えを、ネット公開の医師のものにいたします。 以下は、なぜアモバンとルネスタの話かという、これまでの流れです。

 

2019年秋

主治医「なんで入眠罪が三か月が一か月分で足りるのよお?」

「10ミリのアモバンを半分にする、ピルカッターで切っています」

主治医「えーっ、切ってるの?そんなややこしことしなくても、ルネスタなら、2ミリタイプがあるんだから」

 この直後の医師の言葉。

主治医「アモバン☆ミリは、ルネスタ☆ミリなので、ルネスタ.2ミリでいける」

 

 このとき数字を並べられたため、☆?? 状態になってしまった。しかし、主治医に訊き返すのも悔しい。

はたして、ルネスタはアモバンより弱いのか?断薬のときの悪夢はどちらが弱い?

 

 前記したように笠医師がお忙しいので、ネット公開のお医者さんに訊ねたところ、以下の解答でした。

 

あるネット公開医師のお答え

 

これは換算はあるのでしょうが、普段ほとんど意識していません。基本的に光学異性体の関係なので、上限をあわせて考えてみてください。

ルネスタ1.5㎎はアモバン5㎎ 程度ではないかと思われます。

悪夢ですが、これはいかなる薬でも出現しうる副作用ですが、そう出るものではないので個人差も大きいと思います。

経験的にはインデラルとベルソムラは良く出ます。

 

 えっ、あのピンクの小さいの、ルネスタ2リが、アモバン10ミリ半分よりも、つよーいっていうこと?

 

ルネスタ >  アモバン

 

 もうまったくわけがわからない。ルネスタは、昼間、残ってアモバンほどキレがよくない。と思っていたけれど、あのピンクの小さいのはアモバンの三倍も強い。通りで翌日に残るはずです。

 

 ということは、あのピンクを半分…ここで調べてみましょう。

 

アモバン  アモバン錠10mg アモバン錠7.5mg     効果時間4 時間

 

ルネスタ  ルネスタ錠1mg  ルネスタ2mg ルネスタ錠3mg  効果時間5時間

 

反跳性不眠がアモバンもルネスタも高い。そのため断薬すると、悪夢をみるのだと思う。

 

これはもとのアモバンに戻し、なおかつ7.5ミリにして頂こうと思う。

 

睡眠薬も導入剤もともに、同じようなもので、導入を助けて、効き時間の短いのが導入剤です。ともにアルコールといっしょはNGです。

 

高齢者は肝機能障害をおこすので、ミリの上限があります。

反跳性不眠とは、睡眠薬、導入剤をやめるときの離脱症状のひとつです。眠れなくなります。

 

まさこのように十数年も飲みたくなかったら、最初から飲まずに、睡眠薬依存症にならないのが一番です。

 

 でも不幸にして睡眠導入剤に手をだしてしまったひとも、あきらめずに断薬、いっしょに頑張りましょう。できます。わたしもたまに成功します。またすぐ戻るけど。