(くだらない内容が嫌いな方は読まないことをオススメします)

 

 

 

 

<わかったか?>

 

 

 

 

ふおおお

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの通り絵日記風レポです。

 

 

 

 

 

 

 

 

<その1>

 

 

男子SPの日の公式練習です。

サブリンクで見ました。

 

 

羽生君にみんなくぎ付け。

 

私達ファンだけではありません。

リンクにいる、みんなです。

(特にメディア関係者)

 

 

 

この日はまだ楽しそうに練習をしていて、

そして最後にはジャパンジャージを羽織って、気持ちよさそうに、そしてそのまま空へ飛んで行ってしまうかのように、氷の上を滑らかに舞い、そして私の視界から羽生君は消えていきました。

 

胸がきしみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

<その2>

 

 

そしてその日の夜。

Otonalを400レベル(めっちゃ上の方です)

から観戦。

 

サルコウのミスはありましたが、その後の・・・

織物を織りあげて、絹を紡いでいくかのような・・

全てが巻き取られ、そしてその物語の一部とされてしまう様な、彼のスケートを見て、胸に穴が開きました。

 

 

 

 

 

その日は蒼さんの旦那さんがぶいーんと車を飛ばしてくれて蒼家へ。

蒼ちゃまと仲良く並んで寝ました。

夜中に起きて、トイレの場所がわかんなくって、クローゼットを開けてそして進んでいこうとしたのは私です。←前回もやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<その3>

 

 

サブリンクの公式練習。

 

本当にループが決まりませんでした。

 

スターティングポジションから何度も何度も何度も(執拗に)繰り返す羽生君。

 

音楽が流れていなくてもなんでも、

リンク中央に行って、腰を落とし、手を広げたら、

そこから数秒後にはっきりとクリアに彼の中に音楽が流れているのがわかりました。

 

 

決まらない

何度も何度もパンクする

 

上下黒のUA姿の羽生君から炎が燃え出ていました。

 

そこには王者の余裕とか、そんなものはなくて

ひたすら挑んでいく、勝ちにこだわり抜く、競技者の姿がありました。

 

 

その日は残り時間1分のアナウンスがあってから、

羽生君はもう一度リンクの中央に戻り、

 

 

「まさか?」

 

と思っていたら、そのまさかで、

残り一分からもう一度最後に、ループまでの確認を、冒頭からしていました。

 

そして時間になり、

まだ燃えさかる炎のまま、

 

体から熱を全力で放出したまま、

しゅうしゅう湯気が出そうなままで、リンクから姿を消しました。

 

スーパーサイヤ人が、元に戻る時に、まだしゅうしゅういってるあの感じです。

 

 

私は震えを覚え、

前日の夜、otonalを見て、心に空いた穴に

雷が落ちたようでした。

 

 

 

 

そして・・・

 

 

<その4>

 

 

 

 

皆様よくご存知の、フリー当日、午前中の公式練習。

詳しい事はもう記事などで読まれたと思うので省略します。

 

私は出先でスマホでブログを書いた事は今まで一度もなかったのですが

この公式練習を見て、

様子を伝えて、みんなで応援しなければ!

と思い、隣にいた蒼さんに、

 

「ブログ書いて!早く!私書けないから!」

と言って書いてもらう様にお願いしました。

 

そして蒼さんが一生懸命ブログを書いてくれてたのですが

やっぱり私も自分で書きたくなったので、

スマホでブログを書き始めたのですが、

 

更新の仕方がわからない・・・

 

画像の貼り方も、コピペの仕方も何もわからない・・

 

その日は、その後ゆづ友さん達とランチの約束をしていたので、

続きはそのランチ会場の、カラオケのトイレで書きました・・。

 

 

https://ameblo.jp/ecovail/entry-12449026470.html

トイレで泣きながら書いたブログには・・

 

こう綴っていました。

 

 

 

 

 

 

 

<羽生君は、

絶対に、

何があっても、

どうしても、

勝ちたいのです。

 

私から見たら少し狂気にすら映る、

この勝利への渇望と執念が

羽生結弦を、彼たらしめているのだということを、驚異的な圧と共に知らされました。

 

私達は、今夜又、歴史を目撃することなるでしょう。

 

 

心の準備はいいですか?

 

羽生君と一緒に、行きましょう!

今まで何度も何度も見てきた、まだ知らない世界のその先へ!>

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

ものすごーく自分に言い聞かせてました。

そして、ブログを更新したら、

 

すごく沢山の方達と思いを共有している気持ちになって、

とても豊かな気持ちになって、

助けられているなあと思って、スマホを握りしめて、

 

「よし!」

と思って、

 

 

その後羽生君の演技を見るまでの自分は

 

出来るだけ、きれいで、優しくて、そして強く、熱い気持ちでいよう!

と決めたのでした!

 

 

 

 

 

 

 

一瞬も目をそらさずに見届けてそして、「おかえりなさい!」

って心を込めて、言えるように!


フィギュアスケートランキング

 

 

続く!!(予定)