おはようございます。

「今K(←息子)の方がもう、えこちゃんよりハニュウファンだね。」

と遂に旦那さんが呟いた昨夜の絵子家です。ヤバイ!

 

(ついで言うとそれはないです。息子より私の方が羽生君の事が好きです。←何で張り合うの?)

 

さて!

 

毎日ブログを書くとのめりこんでしまうので、セーブしているのですが、今はもうしょうがないです。なんか、書いちゃう。←

敬愛する友人、はっぴー。さんが拡散を希望されてましたのでリブログします。

素晴らしい内容でした。

お読みになった方も多いと思いますがもしまだの方は是非ご一読ください。

 


(はっぴー。さんは不思議な方です。バンケでお会いする人、お楽しみに。後、先日紹介した「SEIMEIを感じる日」、を書かれたゆうきさんも来ますよ~。ほんと、みんなで集まって、羽生愛を爆発させましょうね❤)

 
 

↑こちらの記事、

私が言語化しようとしていた事がまとまっていて、感動しました。

 

以下抜粋

 

「ライブビューイング、生放送の場であえてこの発言をしたということにものすごいメッセージが込められていると思うの。

ほんとのほんとを、いつものように、丁寧に語るには時間が足りなかった。

だからこそ

みんながいろんな思いを、羽生君の言葉から反映させて、これから生きていくということにもつながっているかもしれないよね。

一つは週刊誌やバッシングに対する告発だと思うし、

自死を思うほど、嫌なことを言われ、され続け、追い詰められるほどのことがたくさんある。

だからやめてくれと。自分だけでなく、お互いやめてくれと。

誰に対してもやめてくれと。

そしてこういうことも言いたかったのかもしれない。

2連覇をしてますます大きな人間に見られてしまっているけど、葛藤だらけの普通の人間。

自分を理不尽に痛めつけてくる相手に対して、本当に傷つくし、追いつめられるし、時には生きている価値なんかないんじゃないかと思ってしまうと。

自分だって、同じなんだよと。

だから、人を傷つけようとする人は、本当に本当に、やめてほしい。

その一方で

死のうとしたくらい辛いことはあるんだけど、こうやって、いまは幸せだと言えるんだよ。

だからあなたも生きてと。

死んでしまっては幸せのチャンスはやってこないのだと。

どうか生きていてほしい。

そう言いたかったのではないのかと思う。」

 
 
↑完全に私の言いたいことだった!!!すげえ!←羽生君調
 
 

だからやめてくれと。自分だけでなく、お互いやめてくれと。

誰に対してもやめてくれと。

 
 

↑何度も言いたい。

本当にこれを私は思います。

 

間違いを指摘する事は私はしていきたいと思っています。

おかしいと思う事もこれからは言いたいなって思います。

 

だけど羽生君がこうして言葉にしたその意味はそういうものを大きく超えたところにあると思うのです。

それをこれから私はブログを書く時にいつでも思い出していたいと思っています。

 

コンティニューの落日の後、飲みに行って・・。

バーカウンターでがんがん飲んでその後喧騒を抜けて一人新幹線の中。

その時、酔った頭で英語でツイをしました。

 

それは、朝、「今日行ってきます。」

のツイを英語でしたから、海外のファンの方達で、何か反応を待ってる人がいるだろうな~と思ったから。

(もうその時点では羽生君の発言は英訳されていたので)

 

 

今帰り道。(ほろ酔い)

私が目撃したもの、それを描写するのは非常に困難。

私は羽生君に<私達がこの社会でどう生きるべきか、そしてお互いに気を配るか>という事についての大きな宿題をもらった。

これは私にとって恵み。そうじゃない?

 

 

そう。

私達がどう生きるべきか。

それを私はあの公演で羽生君に

 

「もう一度、みんな考えてみて」

って言われた気がしました。

 

そしてそれは間違いなく

「怒り、恐れ、憎しみ」

を広げていくという事に基づいたものではないのだと。

 

社会や人に対して絶対的な正しさを求めたら苦しい。

完璧は存在しない、いつでも何か間違ってる。

そしてその間違いだらけの世の中で、私達はどんな風にステップを踏んでターンして、そしへ踏み切ってジャンプを跳ぶのか。

スピンでよれよれになっても、ジャンプで派手に転倒しても良い。

羽生君がずっと見せてくれて来た。

「転んでも立ち上がれること」を・・・。

 

 

昨日新しいMADをあげました。

コメント沢山、ありがとうございました。

 

去年、えこ、息子とそしてじいじと三世代で市民公会堂で発表する合唱に参加したんです。

その時に歌った曲の一つがMADにしたビリーブで。

参加した子供たちが無垢な高音で

 

「例えば君が 傷ついて くじけそうに なった時は」

 

と歌い出した時に、もう何も思考に届く前に涙が溢れだしてすぐに羽生君が思い浮かびました。

そして絶対にこの曲でMADを作りたい、とその時に思ったのです。

海外のファンにも是非見て欲しいとすごく思ってバイリンガルにしました。

蒼さんはすごく時間をかけて動画を作ってくれて・・

そして私からの細かい要望に応えてくれて・・←注文が多いのYo!

本当にありがとう!!

 

 

 

 

そのおかげで本当に良いものが出来て

 

 


えみちんもビューティフルって紹介してくれました、ありがとうね。

えみちんが拡散したらほんとにすごい影響ね。

 

 


イタリアのエレナさん喜んでくれた。


↑ゲストのねこちゃん、ありがと~~

三人とも海外ファンの間ではとても影響力のある人達なので、沢山の海外のファンの方達に見てもらえたらすごく嬉しいな~と思っています。

 

 

何度も見てね❤↑てゆーか、羽生君、是非見てね!←

 

 

オリンピックが終わった後、羽生君の記者会見を聞いて、その時考えていた事をながーーーいブログに書きました。

その時に

 

<Greatest of All Timeと海外記事で賞賛される羽生選手は,「神」ることで,ようやく「人」になれました。
自分の思いを語れる「人」になりました。
十代から二十三歳まで,どれだけの思い感情を秘め,閉ざしてきたことか。
どれだけの圧が,彼にそれを強いてきたことか。
痛み止めの薬を飲んでも痛む足で,二度とリンクに上がれぬリスクを冒し,全身全霊で舞い,・・・自分の思いを語る権利を勝ち取りました。>

 
 

というコメントを頂きました。

私このコメントに凄く感動して。

本当に本当にみんな羽生君を愛してそして慈しんで、尊んでいるのが伝わってきて、その彼の歩みから計り知れないものをうけとっているのがわかって・・・泣きました。

 

みんな今、羽生君の話した言葉の衝撃で、まだ苦しかったり辛かったりするかもしれない。

そしてそれはそれで大事な事だろうなあと思うのですが、私はフモさんの言ってた言葉を思い出します。

あー。今その言葉が載ったコラムが見つけられないのですが

 

「望んで背負った重荷です。」

って書いてたんですよね。羽生君の五輪二連覇について。

 

本当にそうだと思うし、その覚悟と意味を、これから私達は事あるごとに思い出させられ、実感するのだと、思うのです。

そういう人生を生きる青年を目撃できる幸運に、再び胸の一番奥から湧き上がる形容し難い感情と共に。

 

そんな事を考えていたら頂いたコメントです。

こちらも紹介させてください。

 

 

<ゆづの告白。少なからず 一度や二度は
誰しも その選択と向き合うわけで
投げださなかったから今がある。
誰しも「 最期 」の日が 訪れます。
その日を迎える最期の最後まで
尊い命を全うしなければいけない。
生きることは決して楽ではない。
だけど生きることは苦しみばかりではない。
苦楽があるからこそ生きていける。
その苦楽には必ず意味があるから
自問自答しながら生きていく。

花は咲く。
陰日向、どちらにも
清冽な川に、汚泥の沼。
どちらの咲くも
遜色ない 美しさです。
生きるも さまざまです。
ひたむきに 生きるさまは
何より 美しい。

ゆづは 生きる道を選んだから
今がある。
心に上手く折り合いをつけたから、
話す今がある。
だから、私も安心して聞くことができた。
そしてその居場所には弱さを言える
安心がある。
ありのままの ボクとオレ。
ありのままを出せるように
なってきたように思うよ、ここ最近。
嬉しいね。私たちを信じてくれてる。
しっかり心を許せてるね。
胸の内を知ることができた、確信を持てた。
ゆづと私たちとの心の近さと絆の深さを。
もがきながら諦めず必死に生きてる。
自分と何も変わらない
普通の感覚を持つ青年なんだなって
ゆづは神でも宇宙人でもない
紛れも無い 一人の人間なんだって。
ゆづの告白を孤独と共にテレビの前で
密かに涙しました。
ショーにも行けない
パレードにも行けない、ゆづに逢えない。
それでも、わたしは ゆづのファンだ。
わたしは、誰にも負けないくらい
ゆづを愛している。

例え愛してる!をゆづに直で叫べなくても
君がこの先、何を言おうと 揺るがない
君がいる限り 何度でも 愛を叫ぶんだ。
君がくれた 生きる光で
今度は 君の歩く道を照らしてあげる。



… 徹夜しちゃった(*☻-☻*)きらーん☆
今日も陽は昇った。希望の朝だ!
ゆづも 頑張れ!!みんなも私も頑張れ!
命ある限り人生百花繚乱。生きまくろう。

 
 
 
 
 

みんなの言葉が煌いている。

羽生君はこんな言葉が何より嬉しいんじゃないかって思うのです。

会場でも蒼さんと話していました。

 

 

本当にレベルは違うんだけど、私達も読者の方達からのコメントで救われ、勇気づけられ、生きる力をもらう事があるから。

 

私達ブログを書いていて、やっぱり落ち込むことがある。

書くのが辛い時もある。

そういう時に聞かせてもらえる言葉達がどれ程私達に勇気を与えてくれるか、それは計り知れないものがあります。

表現をして、発信していくという事は必ずいつもそこに「誰かを傷つける可能性がある」事を自覚している必要があります。

全員が傷つかないでいられる完璧な物は存在しない。

 

羽生君はそれを嫌と言うほど感じているでしょう。

その上で覚悟を持って自分の気持ちを話して、そしてこういう言葉が聞けるというのは、心の支えの一部になるのではないでしょうか。

 

わかるのです。私も自分で発信して、そして反応があるから。

自分の表現したかったことが伝わり、そしてそこに前向きな物を見出してくれていると分かった時の、その喜びが。

 

感情は、言葉は伝搬する。

だから繋いでいくものは「負」のオーラではなくて、「陽」の色の鎖にしたい、と今日又心から思っています。

 

私が大事にしている言葉

「Take your broken heart, make it into art.

打ち砕かれたハートを、アートに作り変えましょう。」

 

 

羽生君の打ち砕かれたハートが作りだしたアート

それが

「Continues with Wings」

だったのだろうと思います。

 

 

 

 

 

何度かブログにも書きましたが、私にも自分で自分の人生を生きるのを諦めたいと思っていた時期があります。

空に溶けて行きたいと。

羽生君の辛さとは比べようもないと思うけれど。

 

でも、比べる必要もないし

私達はそれぞれの傷と痛みを抱えながら生きている。

 

「みんなも辛いよね。みんなも傷ついているよね。」

「そういう人たちの希望や光の一部になれたら。」

 

羽生君が柔らかく優しい穏やかな声で少し首を傾げながら、私達の心に語り掛けてくれているのを感じます。

オリンピック後のテレビのインタビューで(中居君が司会のやつだったような気がする)

 

「明けない夜はないです」

って言ってましたね。

 

夜の闇は時が刻まれれば必ず又黎明の光に破られる

 

さあ、今日も朝がやって来ます。

<今日も陽は昇った。希望の朝だ!

ゆづも 頑張れ!!みんなも私も頑張れ!
命ある限り人生百花繚乱。生きまくろう。>

 
 

 

夜中に起きて、今日もこうして生きている事、そしてこれから起こる事を楽しみにして、そして決めていく一つ一つの事が、自分を、そして周りの人を幸せにするものでありますようにと願える自分の奇跡の様な幸運に感謝をして

 

私が出来る

「打ち砕かれたハートで作り変えることの出来るアート」

は何か、模索したいと思います!!

 

お読み下さり、ありがとう!

あ、そうだ一時やめてたんですけど、羽生君が「愛してくれてありがとう」って言ってくれたので、前のキメ台詞を又書く事にしました❤

 

さーそれじゃあしめますよ~。

Now it's time to say this.

みなさん準備はいいですか?

Are you ready?

最後に一言言わせてね。

Let me say this one more time.

もしよろしければご一緒に!

You can say that with me if you like.

羽生君、LOVE!ってことです。

Hanyu-kun. I love you!

羽生君、愛してる!

We love you!!!

みんなあなたが大好きよ!

 

バナーを「とん」して応援して下さると嬉しいです!

いつもありがとうございます。
Please click this banner. Connecting to the blog ranking!
 

 

抜群のラブを放とう~!やったー!

ハバナイスデー