自分の人生に恋したい!

テーマ:

 

ふおおおおおおおお

突然ぶちまけまくりまくりすてぃ===

 

 

 

↑皆様もう読まれたと思いますが・・。

蒼さんの素晴らしいブログでした。

こちらでジョニーの発言を紹介してくれてて・・。

 

 

 

 

 

—ジョニーウィアーであるための哲学を教えてください。

 

僕の哲学は、自分自身であること、人生の1秒1秒を楽しんで、自分の(人生)持ち時間の一瞬一瞬を楽しむこと。だって、いつ死ぬかわからないでしょう?

だから、僕の毎日の目標は、その1日1日楽しむこと、その日を信じて、何か誇りに思えることをすること。

 

僕はいつだってスケートを恋しいと思っているんだ。

 

だって、スケートを毎日しないと、毎日素晴らしいことを達成したと感じる力が奪われてしまうから。でも、同時に自分が毎日することをとても誇りにも思うようにしているよ。あと、決して自分を隠すようなことはしない。いつもみんなの前に自分のハートと魂をさらけ出す。それが僕の哲学かな。ジョニー・ウィアーになるためのプランなんて存在しない。ただ生きるだけさ

 

2010年PIW八戸公演後

 

 

 

 

これを読んだ時からすごく言葉の一つ一つが胸に残って。

英語で、実際なんてジョニーは言ったのかなっていう訳される前の言葉が気になって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には息子が一人います。

7歳で。

ちょっと(結構?)変わってて。

 

 

日本の新幹線の停車駅を全て記憶して、それを紙に書き連ね・・

(どうしても線が入っちゃうんです~。スマホで撮影すると。ゴメンナサイ涙)

 

 

そして

今夜は、クリスマスに私と旦那さんからプレゼントしたもののひとつ、世界地図のぬりえを、黙々とやっていて・・・。

 

 

ヨーロッパ編に取り組んでいたのです。

 

 

これ全て、記憶だけで書きました。

国名と、首都名も。

 

 

 

ちょっと怖いくらいなのですが彼の脳には記憶されている。

首都の位置もあってるんですよね。

 

 

 

とにかく凸凹がすごい。

得手不得手の幅が広すぎる。

発達のムラがありすぎる。

すがすがしい程です。

 

 

 

 

もうちょっと平均的に・・

って思う親心がないわけではないんだけどでも、このまま彼のまま、

ありのまま生きていって欲しい。

 

 

 

ジョニーが私の心をとらえるのは

彼の哲学が

自分自身であること、人生の1秒1秒を楽しんで、自分の(人生)持ち時間の一瞬一瞬を楽しむこと」

 

だから。

 

 

 

日本だと、出る杭は必ず煙たがられて、叩かれる。

 

私は目立つこともするかもしれないけど、空気を読むから、事なきを得ることが多い。←はあ?

ソツなくこなつタイプなのですね。←何で自分でこーゆーこと言うのかな?

 

 

 

 

でも息子はそういうタイプじゃない。

そのあまりの発達の凸凹で、きっとこれからすごく躓いたりするんだと思う。

 

つんのめって、痛くて、

どっちの道を選べばいいのか分からなくなった時に

一緒に悩める人で私はいたい。

 

上手くできないことも

そして

意図せずとも、出来過ぎてしまう事も、

そしてそれが周囲の空気を乱すことがあっても・・

 

一緒に受け止めて

辛く苦しいことが降りかかってきたら

 

それを

「ポジティブ」に変換できる機会が与えられた

と思えるように生きていたい

 

「学びの機会がめぐってきたんだね」

「ここから又始められるね」

って息子に言える自分でいたい。

 

受け止めづらかったり、

傷ついたりする

 

私達の人生に必ず起こるイベントを、どうやって受け止めてそして消化することが私達には出来るのか。

 

その経験が「乗り越えられた」

というポジティブな成功体験として蓄積されるのか、

それとも自信を失わせてしまう結果につながるのかっていうのは、

「能動的に、自分のマインドが決めることが出来るのだ」

という事を、

言葉だけでなく、自分の態度・姿勢、で示していけるようになりたい、とすごく思ったのです。

 

 

 

私は一度自分の人生を諦めたことがある。

でも

羽生君のスケートに出会って

救われたのです。

 

そして

私達には、生き様で、人々の価値観を刷新して且つ、失意の底へロープを垂らして、そしてそれを引き上げたり、柔らかな光をあてたりする人物が存在するのだということを息子に伝えたいなと思いました。

 

 

彼らは

 

「いつも自分らしく生きていた」

んだということを。

 

 

 

 

何だか気持ちが押し寄せてきて、そして酔った頭で書いてしまいました。

今日は早く寝て、録画したTV番組を後で起きてみようと思っています。

 

 

 

 

一度しかない人生、

自分の人生を愛おしく思って生きたいと、今夜は殊更思って、その思いがこぼれて溢れ出しました。はわあ!

 

こんな風に思うのは、羽生君のスケートを見て、そして言葉を聞いて、魂が震えるから。

 

 

 

羽生君が見せてくれる躓きと、そしてそれを輝きに変える力が

私の中で生きる勇気になる

 

出来ないって

決める必要ないって思わせてくれる

そうして受け取った宝物のような気持ちを

私は又伝搬させていけたら、どんなに嬉しい事だろうと思って又ブログを書いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

お読み下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


フィギュアスケートランキング

また明日☆彡

 

AD

コメント(29)