CNCマシニングセンターで打ち合わせテーブルの部材を製作しました。面取りや表面仕上げは手作業ですが、まずまずの仕上がりです。出荷後、組み立てもうまくいったそうです。

初めてNC加工に挑戦。工場内で使う移動机兼道具入れの部品図をJWCADで描き、CAMで加工用の入力を行って加工をしました。

刃物の動線設定を間違え、素材の性質を考慮しないで深さ設定を行っていたため、失敗作に終わりました。あとは、手加工で修正を行い組み立てて、なんとか完成しました。

線を形にする難しさを改めて痛感しました。これから、CAMを勉強していろいろな加工形状に挑戦していきたいと思います。

 

 

 

 

すべて木材でつくりました。飾りのロープやプレゼントBOXのひもはカンナで削り、あとは板材と集成材をカットして使いました。

植物由来のオスモ塗料、水性木部用塗料、水性絵の具で色を塗りました。

 

 

 

 

会社の研修旅行で圓教寺に行ってきました。これまで、多くの寺や神社の建物を見てきましたが、ここは、最も印象に残る大工加工技術を見ることができた場所の一つです。日本の伝統寺院建築に興味のある方は是非行ってみてください。

私は知らなかったのですが、映画ラストサムライや大河ドラマ軍師官兵衛のロケ地としても知られているようです。

 

 

 

三王ハウジング 秦

https://www.facebook.com/sanno.housing/