聖オラブ教会 (St. Olaf’s Church, Norway)



エコポットのブログ-olafs_church_2

ノルウェー(Norway)バレストランド(Balestrand)にある木造の教会です。バレストランドはソグネフィヨルド(Sogne fjord)の中間に位置します。
聖オラブ教会は1897年に建てられた樽板教会です。イギリス人の女性(クヴィクネスホテルのオーナーの妻)が建築主ですが、完成前に亡くなったそうです。当時から英語でのサービスが行われており、今でも夏季の日曜のサービスは英語で行われているそうです。

エコポットのブログ-olafs_church_3 エコポットのブログ-olafs_church_1

樽板教会(Stave Church)は、中世の北欧、西欧で多く建てられた木造の教会で、ティンバーフレームのPost & Beam(柱と梁)工法で、多くの教会が小屋組や一部の梁がトラス構造で組まれ、壁には厚板がログハウスの壁のように積まれています。横架材や厚板に溝がつけられ、水が浸入しないような対策がとられています。


エコポットのブログ-olafs_church_6 エコポットのブログ-olafs_church_5

オラブ教会も同じ構造ですが、屋根にはノルウェーのバイキング船をイメージさせる龍の飾りがついており、伝統的なデザインを取り入れたチャーミングな教会です。19世紀に建てられた新しい建物なので、基礎の上に土台や柱が置かれています。現役の教会として人々に利用されており、内外装も良くメンテナンスされています。


エコポットのブログ-olafs_church_4

バレストランドから高速艇で15分のところにある町ヴィク(Vik)には、12世紀に建てられた樽板教会、ホッパーステッド教会(Hopperstad Church)があるそうです。



記事投稿

三王ハウジングのホームページ

愛媛県新居浜市阿島1-5-35