eComStation 2.0 RC7a 台湾版レポートその3 | ArcaOS 5.0 と Silverware のお部屋

ArcaOS 5.0 と Silverware のお部屋

eComStation 2 日本語版や ArcaOS 5.0 英語版など IBM OS/2 界隈の今、シルバーのアンティーク、箱根火山の動向。興味があることを気ままに更新。
なお AdBlock を有効にしていると、ブログが表示されなくなりました。もうやだこのブログ

eComStation 2.0 RC7a 台湾版レポートその2からの続きです:

eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋-eComStation 2.0 RC7 台湾版(HPFS)

Youtube Easy Autumn より。わたしは時々髭剃りを忘れるくらい鏡を見ない男です(部屋に姿見鏡はあるんですけどね)が、なるほど女性のメイクには時間がかかるわけです。彼女や嫁の支度に時間がかかるとお嘆きの皆さんに一度見ていただきたいと思ってリンクを張ってみました(笑)。ああ余計なお世話ですか、スミマセン

$eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋-HPFSでインストール

さて HPFS フォーマットで eComStation 2.0 RC7a 台湾版のインストールを進めたところ、PMView 2000 も無事にインストールできましたし、Flash 10 for eComStation も動作しました。

ただ FAT32 フォーマットの USB メディアは右端にポップアップしている USB stick holder Widget にあるとおり、Fドライブとして認識されていますが、読み書き共に不可の状況でした。しょぼん>どうなっているんだ?

ちなみに今回からインストールオプションを簡略化してみました。Target hardware: Modern hardware, safe mode にし、Display driver に SNAP を選択。eComStation Installer では Easy Install (「簡易安装」)にして、ACPI と FAT32.IFS にチェックそして USB Printer を外し、ネットワーク関係(「網路類型」)で TCPBEUI と NETBEUI を外し TCP/IP のみを選択・・・という感じに。

それで再び JFS フォーマットで eComStation 2.0 RC7 台湾版をインストールして、動作を再確認してみましょう。

$eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋-eCS2.0TW 再JFS

あれ?PMView 2000のセットアップも無事に済み、Flash 10 でYoutube も見られるぞ。
しかも「その2」で書いたときのように

eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋-XGAで再始動直後

セットアップ終了直後の様子。なぜかコマンドプロンプト(CMD.EXE)がたくさん開いている。

ということ様子も皆無。インストーラが行き当たりばったりなのか、インストールオプションによりアタリハズレがあるのか現時点では不明ですが、とりあえず今回問題ありませんでした。しかし「その2」の状況で認識していた FAT32 は今回も不可。

$eComStation 2.0 日本語版&シルバーカトラリーのお部屋-FAT32メディア認識せず

プロパティを開いても UNKNOWN フォーマットになっていますガーン

どうして最初にインストールした eComStation では FAT32 メディアが読み書きできたのか真相は不明ですが、とりあえず「その2」でインストールした時点の instlog.zip(eComStation Bugtracker ではお馴染みの、インストール情報のアーカイブ)は確保しておいたので、どなたか解析ヨロ(ぉぃ)。中国語は文字化けしているし、半端でない情報量なので、しょうじき読む気は起きませんガーン

さあてこれ以上触るとどつぼにはまりそうなので、日本語版のチェックに戻るとしますか(笑)

# このエントリで掲載した上3枚のスクリーンショットは、本日キャプチャしたものです。にひひ