1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-04-30 19:07:15

高品質自転車用バルブ、変換アダプタ等を取扱う専門サイトの「扶桑精器オンラインショップ」オープン

テーマ:ECサイトOPEN情報

マウンテンバイク・ロードレースなどの自転車愛好家や自転車ショップ向けに高品質自転車用バルブ、変換アダプタ等を取扱う専門サイトの「扶桑精器オンラインショップ」( http://www.fuso-seiki.com/shop/ )が4月30日にオープンします。
自転車用バルブセットのメーカーである扶桑精器株式会社(代表取締役 楠本太郎)( http://www.fuso-seiki.com )が運営します。
【主力商品】
・自転車用バルブセット(260円/1セット) =一般的な自転車の英式バルブに装着する、虫ゴムのいらない耐久性に優れた商品
・真鍮製(ニッケルメッキ処理)変換アダプタ(300円/1個)=マウンテンバイクやロードレーサーに採用されている仏式バルブに装着する変換アダプタ。本品の利用で一般的な英式の空気入れを利用することが可能。(カラータイプは100円増し)
・アルミ製(アルマイト処理)バルブ付き米式変換アダプタ(800円/1個)=フレンチバルブ用。
ガソリンスタンドなどにある自動車用のエアチャック式空気入れで漏れなく高圧エア注入が可能(カラータイプは100円増し)
本サイトの開設で、自転車特定愛好家や自転車ショップの方々が時間を選ばずご購入できるほか、専門メーカーが直販する高品質のバルブ使用による安全・快適なサイクリング、さらにはご使用自転車に応じた空気入れが誰でも行えるようになります。今後はコンプレッサーやその他自転車アイテムを豊富に取りそろえ、こだわりのあるお客様に専門メーカーがお応えする利便性の高いサイトとする予定です。




本件に関するお問い合わせ
扶桑精器株式会社
http://www.fuso-seiki.com
代表取締役 楠本太郎
電話06(6551)2551
FAX 06(6551)1001
E-mail tk@fuso-seiki.com


会社概要
社名 扶桑精器株式会社
業務内容 自転車用バルブセットおよびバルブ金具の専門メーカーおよび産業用ハトメの販売
連絡先 上記のとおり

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=57063


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-04-30 19:02:36

薬用シャンプー「スカルプD」のアンファーのモバイルEC サイトがオープン

テーマ:大手ECサイトOPEN情報

当サイトは、タッチパネル対応フルFlash化ECサイトおよびiPhone サイトで、この構築には、(株)アイ・エム・ジェイのグループ会社である(株)IMJ モバイルが支援したもの。

IMJ モバイルは、iPhone の販売台数が急速に伸びている状況や、今後i-mode ブラウザ2.0(※)対応機種数の増加が予想されることから、新デバイスにいち早く対応し、ユーザーが直感的に楽しみながら購入できる、新しいサイト体験を提供している。

http://www.venture-watch.com/news_oZEn2SDGO.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-23 18:37:02

おしゃれリサイクル雑貨「ecomismo」オンラインショップ

テーマ:ECサイトOPEN情報

こういうサイト増えてほしいですよね。


===================================================================


 WEB制作およびWEBメディアの企画・構築・運営を手がけるマーキュリーシスコム(東京都渋谷区、藤田 弘通社長)は、フィリピンで孤児院自立支援、ストリートチルドレン支援等ボランティア活動を実施するNPO法人アクション(東京都武蔵野市、横田 宗代表)と提携して、オリジナルエコブランド「ecomismo(エコミスモ)」オンラインショップをオープンした。ecomismo(エコミスモ)は、“eco”+“mismo(スペイン語で「まさしく」の意)”フィリピンの家庭や学校から集まったお菓子袋で作られたハンドメイド雑貨の販売を通して、社会にワクワクするエコを提案する日本発の事業。カラフルなポーチ、ペンケースの1点1点が、世界に2つとないオリジナルデザインとなっている。



 
 「エコミスモ」は、捨てられていたお菓子の袋を再利用したハンドメイド雑貨を製作・販売することにより、以下の3点に貢献する。
・Point1 貧困層の雇用創出
・Point2 町の美化
・Point3 環境保護
 利益の一部はNPO法人アクションを通して、フィリピンの孤児院やストリートチルドレン支援に活用される。
 「エコミスモ」の商品は、フィリピンの学校や家庭から回収されたお菓子の袋を、地元の製作者が丁寧に裁断し、ひとつずつ編み込んで作っている。すべてが手作業なので、一番小さいポーチでも完成まで3時間以上かかる。ポーチ、DSケース、ペンケースなどラインナップも豊富。お菓子袋のカラフルなプリントを生かしたこだわりのデザインと実用機能を備えた優れもの。
 フィリピンでは社会情勢などの理由から貧困家庭が多く、経済的な事情により孤児院で保護されるこども、ストリートチルドレンが数多く存在している。
 こども達が路上で働かずに、十分な教育を受けるためには親が仕事に就かなければならない。NPO法人アクションは、廃棄されるお菓子の袋を再利用した商品製作を、貧困地域の職として提供し、雇用を生み出すとともに、町の美化や環境保護にも貢献したいと考えた。しかし、NPOでは販売網や宣伝力に限界がある。そこでWEB会社として幅広く事業を展開しているマーキュリーシスコムと提携し、オリジナルエコブランド「エコミスモ」を立ち上げた。
 「エコミスモ」で働く方の多くは女性。シングルマザーや学費をためる高校生、主婦など様々な方が商品を制作している。彼女たちは「エコミスモ」を通して、社会とのつながりを実感し、多くのお客様に喜んで頂くことにやりがいを感じている。利益の一部がNPO法人アクションを通して、フィリピンの孤児院やストリートチルドレンのために役立てられる。
 「エコミスモ」に関わるすべての人が商品を通して社会と関わり、こども達を幸せにし、ワクワクするような活動を実施して行きたいと思っている。
※「エコミスモ」オンラインショップは★こちら から
※NPO法人アクション★こちら から
※マーキュリーシスコム★こちら から


http://asiabiz.jp/newsasiabiz/2010/04/comismo.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-20 18:41:39

Twitterと連動してオンラインショップの集客を支援するシステム「ついうる(TwiURU)」

テーマ:ECシステムに関する情報

ECにおけるTwitterの活用はまだまだ手探り状態ですが、可能性ありますよね。


==================================================================


有限会社サイバーウェーブは、ミニブログツールTwitter(ツイッター)と連動してオンラインショップの集客を支援するシステム「ついうる(TwiURU)」を、同社が提供するネットショップ構築・支援サービス「売れさせますドットコム」にて2010年4月20日よりサービスを開始した。

ツイッターはテレビや雑誌などでとりあげられて以来、新しいマーケティングツールとしても注目を集めているミニブログツールである。

少ない文字数で手軽に“つぶやける”こと、そして全世界の情報がリアルタイムに広がっていく即効性が支持され、特に企業の商品PRなどに活用されている。

「ついうる」は、こうしたツイッターの口コミ力を活用し、更新した商品情報を新鮮なうちにツイッターへ自動投稿することで、ショップの宣伝効果を底上げする狙いがある。

機能設定次第では、商品名・商品ページURLはもちろん、キャッチコピーやハッシュタグも自動投稿できるようになる。また、自動投稿した“つぶやき”からのアクセス情報は商品ごとに確認ができる。

最近、ツイッターのビジネスへの活用がより活発化されているように思う。全世界でのやりとりも可能になれば、ミニブログという娯楽から業務用ツールというさまざまな機能を備えたものまで、それぞれに枝分かれし、変化していくのかもしれない。


http://www.spotlight-news.net/news_1StA76XYQ.html



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-13 13:00:10

医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴

テーマ:Eコマース全般

やっぱり控訴しましたね。

引き続き頑張ってほしいです。

もちろんそれ目当てでないですが、このニュース出るたびに「ケンコーコム」という名前が、

表示されます(苦笑


============================================================================


 Eコマースサイトを運営するケンコーコム株式会社(後藤玄利代表取締役)と有限会社ウェルネット(尾藤昌道代表取締役)は4月13日、副作用のリスクの高い一般用医薬品のインターネットによる販売を規制した昨年6月施行の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」をめぐる訴訟で、東京高裁に控訴した。

 両社は同省令が過大な規制を定めるもので違憲などとして、一般用医薬品の通信販売を継続する権利の確認と、同省令の無効確認・取り消しを求めていた。これに対して、3月30日に言い渡された一審判決では、ネット販売について「副作用の危険の相対的に高い医薬品の販売に当たり、有資格者の対面による販売と同等の所要の水準の安全性を確保し得るものとは認められない」と指摘。また規制についても、副作用被害の防止などの手段として「必要性と合理性を認めることができる」として合憲と結論付け、両社の訴えを退けていた。

 ケンコーコムは13日、控訴に当たりコメントを発表。同省令について「『通信販売は対面での販売に比べて不安があり、したがって安全とはいえない』という科学的な根拠の無い単なる先入観から制定されたもの」とした上で、「あらゆるインターネットビジネス、将来発展していく新しい産業に対して過度の制約を促す悪しき前例となりかねない規制」と強く批判。
 さらに一審判決についても、「日本で新しい産業が出現する可能性を殺すような判断」などとして、到底承服できないと強調している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000010-cbn-soci



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。