千華園の修子ちゃん | ようこそ、「エコロの森」へ
2011-09-12 23:59:26

千華園の修子ちゃん

テーマ:とやまの素敵な人
<千華園>

  南砺市城端にある千華園。


  ここは、花の栽培農家です。1200坪のハウスで、年間30万ポットの花苗をつくっています。

  
  ここでバリバリ活躍しているのが、


  石村修子ちゃん。


  寄せ植え教室を開催したり、いろいろな新しいことに取り組んでいますよ。

ようこそ、「エコロの森」へ
こちらが石村修子さん


  千華園のハウスのなかは、ただいまシクラメンがたっくさん!25000ポットもあります。
 
 「ことしはシクラメンが元気なんですよ」と修子ちゃん。夏が暑いと元気がなくなりがちなのですが、今年は元気だとか。
  

ようこそ、「エコロの森」へ
出荷を待つ25000ポットのシクラメン


  見渡す限りのシクラメン苗。これから全部の鉢のシクラメンの葉っぱをそろえて、まん中の球根に光が当たる用のする作業があるそうですよ!

ようこそ、「エコロの森」へ
ガーデンシクラメン


  こちらは寄せ植え用の小ぶりのシクラメン。ちょっとだけ咲いたものもありました。


ようこそ、「エコロの森」へ
愛犬アッシュ


ようこそ、「エコロの森」へ
お父さん


 千華園では、土づくりも、自分たちで行っています。栄養たっぷりの自家製腐葉土です。これを植物によって、作り分けています。

 シクラメンには、五箇山森林組合特製の「合掌造りのカヤ堆肥」をつかっているそうですよ!まさに、富山ならではの土ですねぇ。

 この堆肥を使うと、丈夫で長持ちするシクラメンができるそうです。

 またふつうのピートモスなどで育てたシクラメンは、水が枯れるとそのあと水を足しても水があがらない、ということがあるそうですが、こちらの土は有機質を多く含むので、お店でちょっと水が足りなくなっても、家で水をやると、すぐに戻るとか。


ようこそ、「エコロの森」へ


ようこそ、「エコロの森」へ
花苗を植えられるリースの輪



 さて、「エコロの森」では、修子ちゃんに教わるコンテナガーデニングを予定しております。
12月に、「寄せ植えで作るクリスマスリース」開催予定です!!ヘ(゚∀゚*)ノシラー詳しくはまた改めてお知らせいます~

エコロの森さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス