サリーの着方 写真付き | GREEN IS SEXY !!!

GREEN IS SEXY !!!

グリーンイズセクシー☆
環境に優しいエコライフを目指して、日々いろんなことを考えています。
環境問題、エコロジー、ロハス、自然保護、スローライフ、オーガニック、あとgreenest etc


テーマ:
greenestではサリーの出張着付けも行っていますが、
ご自身で頑張って着てみたい!というかたはこちらを参考にしてみてください。
わからない時はお気軽にご連絡くださいね。

サリーを着るとき3原則☆
これだけ覚えておけばきっと大丈夫☆
☆反時計回り!
☆安全ピンでとめる!
☆ウエストと肩のプリーツ命!

写真付きで、サリーの着方をご説明します。
 
1.まずは、チョリブラウスとペチコートを着ます。
※チョリブラウスのホックが後ろにある場合は、誰かに北を止めるのを手伝ってもらったほうが良いです。
※ペチコートは、ゴムの場合は小さめのもの、ひもの場合はきつめに結んでください。サリーの重さで垂れてきます。
※ペチコートがない場合は、普通のスカートでも代用できます。
 
2.サリーの柄の多いほうの端を持ちます。ここが、肩から垂れて柄がきれいに見える側になります。
 そこから手繰り寄せて、反対側の端にたどり着きます。これで、サリーの上下がわかります。

3.反時計回りにウエストに1周半巻き付け、ペチコートの中に布をたくし込みます。

4.肩のプリーツを作ります。
  左肩にかけ、膝の後ろに来るように長さを調整したら、肩の後ろでチョリとプリーツを安全ピンで留めます。
 
5.肩のプリーツの布を胸~背中~腰に沿わせて、おなかの下にたくし込みます。
  こうすると、ドレープを作る布がおへその前に垂れている状態になるはずです。
 
6.ドレープ(ひだ)を作ります。地域によってひだの数が決まっていたりしますが、やりやすい方法でやってください。
  ひだは左向きです。ひだができたら、不安な方はここで安全ピンで留めてください。
 
7.ひだをたくし上げ、すそが足のつま先にあたるくらいにそろえたら、ペチコートの中にひだをたくし込みます。
  ドレープをきれいにそろえ、安全ピンで留めます。
 
8.完成!
 

lilyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス