好きな虫と嫌いな虫 | エコロじいさんブログ
2010-08-14 15:47:47

好きな虫と嫌いな虫

テーマ:地球環境問題
$エコロじいさんブログ-チョウ3

Q.マリーは嫌いな生き物はいるのかな?

A.うん、犬やネコは好きだけど、ネズミは嫌い。
カブトムシやクワガタは好きだけど、ゴキブリはきらい。


Q.なるほど、なるほど。ふつうはだれでもそうだね。
じゃあハエや蚊はどうかな

A.ハエは不潔だし、蚊は刺すからきらい。
毛虫も気持ち悪い。
でもチョウはきれいだから大好き。


Q.じゃあ、ヘビやトカゲはどうかな。
A.いやーっ、気持ち悪くて大嫌い。

たしかにきらいな人たちは多いね。
今から30年前の日本にはたくさんのハエや蚊がいたんだ。
東京や大阪のどの家でもハエや蚊がたくさん飛んでいたんだ。
夏になると蚊にたくさん刺されたし、食べ物にハエが病原菌を運んでくるし、ハエも蚊も人間の病気の原因にもなっていたんだ。


Q.へえ、少なくなって良かったね。どいしていなくなったの。

A.森や小川や水路が少なくなったり、水洗トイレの普及(ふきゅう=広まること)や下水道が完備(かんび)してハエや蚊が繁殖(はんしょく)する場所が少なくなったことがおおきな要因と言われている。それと、農薬や殺虫剤の効果が改良されたのも要因のひとつなんだね。
しかし、ハエや蚊が少なくなったと同時にみんなの好きなカブトムシやクワガタ、そしてチョウもすっかり姿を消してしまったこともよく考えてみる必要がある。
虫たちを食べる野鳥もすっかり少なくなってしまった。
嫌いなハエや蚊だけいなくなって、好きな野鳥やチョウやクワガタだけがたくさんいてほしい、というワケにはいかないんだね。

むかし子供たちの描いた「大好きな地球」というテーマの展覧会を見たことがあるんだ。
野原に子供たち、ウサギ、キリン、クマやシカがなかよく遊んでいる絵だった。
木にはカブトムシやセミがとまってチョウも飛んでいた。みんなの好きな生物ばっかりだ。
毛虫やハエ、ハイエナや毒ヘビがたくさんいる絵は一枚もなかったなあ。

いま「生物多様性」ということがいわれているけれど、人間の都合の良い姿に『嫌いなものを排除(はいじょ=のぞくこと)して好きな物を残すように』自然を変えてしまおうとすうるために地球の生態系が大きく変わってしまったことがおおきな問題になっているんだ。さらに地球温暖化がこの問題に拍車(はくしゃ)をかけているんだ。
これからは、好きな生き物だけではなく、嫌いな生き物のことも、おなじ地球に生きる仲間のこととして考えていかなくてはならない時代なのかもしれないね。



PHOTO:大東正巳

エコロじいさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。