流氷とサンゴ礁 | エコロじいさんブログ
2010-02-08 17:35:35

流氷とサンゴ礁

テーマ:地球環境問題
$エコロじいさんブログ-オホーツク流氷
オホーツクの流氷/PHOTO:大東正巳

Q.
世界の国の中で、北では流氷(りゅうひょう)が接岸して、南にサンゴ礁(さんごしょう)のある国って日本だけだ、って聞いたけどホント?


A.
そのとおり、流氷とサンゴ礁の両方が見られるのは日本だけなんだね。
世界の海を旅したC.W.ニコルさんが言った言葉なんだ。
さらに、こんなにすばらしい自然に囲まれている国は世界のどこにもないけれど、
日本人は、自分たちの国のほんとうのすばらしさに気がついていないのではないか、とまで言っているんだね。

毎年2月になると北海道のオホーツク沿岸には北から流氷が漂着(ひょうちゃく=流れてくること)して、海岸線一帯は美しい氷の海になるんだ。
日本からだけではなく、最近では、中国や韓国などからも多くの観光客が流氷を見るために北海道にやって来る。
一方、南の沖縄、南西諸島には多くのサンゴが生息して美しいサンゴ礁の海が広がっている。日本は、ほんとうに世界に誇る自然の宝庫と言って良い国なんだ。



$エコロじいさんブログ-珊瑚礁
沖縄のサンゴ礁/PHOTO:大東正巳

Q.
そのサンゴ礁がだんだんダメになっている、ってきいたけど。。


A.
そうなんだね。
日本のサンゴ礁が地球温暖化のために、どんどん死滅していることはこのバックナンバー(サンゴの白化現象)でくわしく説明しているので、ぜひ読み返して欲しいね。



Q.
流氷は大丈夫なの?


A.
じつは、流氷の接岸も温暖化の影響で、将来的には北海道には来なくなってしまう、といわれているんだ。

Q.
じゃあ、流氷もサンゴ礁も両方とも日本からなくなってしまうの?


A.
今のままだと、その可能性はすごく大きいんだ。
もちろん、観光資源としてのサンゴ礁や流氷も大切なんだけど、
サンゴ礁や流氷は多くの海の生物たちにとって、とても大切な存在なんだ。
サンゴ礁は多くの魚類の生態系(せいたいけい)を育む場であり、流氷が運んでくる冷水性の生物やプランクトンは、北海道近海の大切な海の資源なんだ。
この両方を失うことは、日本にとって大変な打撃なんだ。
みんなで力を合わせて、何とか地球温暖化にブレーキをかけて、世界に誇る貴重(きちょう)な自然を守っていきたいね。







エコロじいさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス