ブランコ作業について

テーマ:

お疲れ様です。

今回は高所ブランコ作業における注意事項について少し書いてみようと思います。

 

ブランコ作業において最も注意すべきは言わずもがな、墜落です。たとえ他にどんなミスをしても墜落だけはしてはいけません。

 

墜落が発生しうる状況は屋上の扉を開けた瞬間から作業を終え地上に戻るまでの全てです。作業により所用時間は異なりますがいずれにせよこの間我々は"絶対に墜落してはいけない"という使命を纏って仕事をしているのです。

 

その為我々は墜落を防止する為の手段をいくつも講じてそれを起こさないよう日々努めています。いくつかご紹介しましょう。

 

まず装備。

ヘルメットの着用。

安全帯の着用。

 

基本中の基本です。

ヘルメットを被る、安全帯を着用するという行為そのものがケガに対する警戒の姿勢です。さらに具体的な行動として着用したハーネスと建物を墜落阻止器具やランヤードを使用し繋ぎます。またこれらを正しく装着することにも大きな意味があります。

 

次に作業計画の作成。

これは先の法改正により義務付けられたものです。作業前に計画書を作成し事前に屋上や地上の状況を確認することでより安全な作業な作業が可能となります。

これにより屋上に行ってみたら全然吊り元がなかった。とか、ロープを垂らしてみたら全然50mじゃ足りなかった。といったくだらないミスが減り、屋上に出た瞬間から安全作業に集中することができます。

 

次に資機材にチェック。

日々使用するロープなどの資機材。使用前、使用後は点検を行います。特にロープはほつれやささくれなど劣化がないか入念にチェックします。実はこれらの不具合は準備や片付けの際に起こってしまうことが多いため日々の作業全ての工程を丁寧に行うことが墜落を予防する大きな力になります。

 

最後にツールボックスミーティング。

事務所での集合時と現場での作業開始前にミーティングを実施します。内容はかぶることもありますが繰り返し現場での注意事項や作業の流れなどを確認し合うことが事故の防止に効果的です。

 

エコルEMチームの安全に対する取り組みはこれだけではありませんが代表的、基本的なものをいくつか紹介してみました。

墜落を筆頭にブランコ作業は様々な危険が伴う仕事ですが弊社ではより安全でより高い品質のサービスを提供すべく、今後もチーム一丸となって精進して参ります。

 

お疲れ様でした。

エコルEMチーム

庄司にんじんうさぎ

 

 

★――――――――――――――★ 
 エコル株式会社             
 〒113-0034              
 東京都文京区湯島2-10-10 2F       
 TEL 0120-88-6351            
 URL http://www.ecolie.co.jp       
 代表Mail ecole@ecolie.co.jp       
★――――――――――――――★ 

 

エコル株式会社が、ビルメンテナンスを総合的に取り扱っています。

サービス地域は都内23区を対象にしていますが、特に文京区、中央区、港区、千代田区、渋谷区を重点地域として

サービスを展開しております。

 

中・大規模ビルのガラス清掃・外壁清掃に注力しております。 平成28年1月1日(一部平成28年7月1日)に施行された

「 改正労働安全衛生規則 」に基づいて作業を行っております。内容は弊社の以下の専門サイトをご覧ください。

http://www.garasuseisou.jp/test/

 

ビルメンテナンスに関する総合的な問題、工事の事例などに関しては弊社の以下のサイトをご覧ください。

http://www.ecolie.jp/

 

ポンプ交換、直結給水、貯水槽清掃に関しては弊社の以下の専門サイトをご覧ください。

http://www.pumpkoukan.jp/