しばらくアメブロをお休みし、HPの方のブログにて更新しておりました、エコズデザインの大塚です。

お久しぶりです!

 

▼当アトリエphoto

 

 

こうして久々アメブロを立ち上げたのは。。。

 

最近噂の新機能、Instagramのストーリーにアメブロのリンクが貼れるようになったから!です。

 

インスタでは基本的にリンクを貼る事は出来ず、ブログを読んでほしい場合、私はいつも「プロフィールURLのリンクからどうぞ」と投稿の際に書いていましたが、それだとやはり微妙ですよね。。。

 

ということで、今後、引き続き基本的にはHPの方のブログにて更新してはいきますが、その中でもぜひ沢山の人に読んでほしいと思った記事は、アメブロでも書くことにし、インスタのストーリーにもリンクを貼る事にしました。

 

下記は、HPブログに以前に書いた記事になります。

 

* * *


【コンセプト・世界観とはブランドからお客様への信頼の証を伝えている】

 

今朝テレビのワイドショーを見ていて「これは。。。。」と思ったものがありました。

 

「中国の残念すぎるテーマパーク」という特集で、これがいやほんと、残念で。

 

スフィンクス(勿論偽物)の隣に、なぜかロボットのアイアンマンが建立されてる。

とか、

静寂で落ち着いた自然の中にも関わらず、大声を上げると、噴水?が沸き上がってきて、声の大小でその水の上下具合が決まり、それをエンターテイメントとして楽しむ。

 

とか、まだ色々ありましたが(笑)

 

私はこれを見ていて、本当〜〜に!残念!!と思いました笑。

 

 

 

なぜこんな事になったかわかりますか?

 

 

 

私のこのサイトでは何度も出て来ている言葉ですが、

 

 

 

「コンセプトが明確にされていないから」です。

 

 

これが流行ってるらしい。これが売れてるらしい。これってなんかお洒落っぽくない?

というものをあっちこっちから持ってきて、ツギハギして、結果として、

 

 

 

残念になっています。

 

 

しかしながら、こういったことをやってしまっているサービスは実はめちゃめちゃ沢山あります。

 

例えば、

 

コンセプトを決め、そこから導き出されたブランドイメージ(世界観)が、ローラア○レイなイメージだったとします。

 

「ローラア○レイ」の世界観の中に、ミッ○ーマウスを置いたらどうでしょう?

 

 

 

世界観がバラバラで何も伝わらない。ですよね??

 

 

 

この例は判り易く伝える為にちょっと極端だったかもしれません。

でも実際にこういったことを平気でしているサービス、ほんと多いなと思っています。

 

思うに、

 

「ローラア○レイ」って、素敵な女性が好きなブランドらしいね。

「ミッ○ーマウス」って、めちゃめちゃ売れてるらしいね。

 

そういったところで、安易に取り入れてしまっているように思えます。

 

 

なぜそんな安易な事をしてしまうのか?ですが、

はい、もう耳タコですね、

 

 

「コンセプトが明確にされていないから」です。

 

全てはコンセプトからスタートです。

 

コンセプトさえしっかり決まってしまえば、商品でもサイトでもちらしでも、後はそのブランドイメージ(世界観)通りに展開していけば、ブレることもなく、一貫した「ブランドイメージ」を伝えていけます。

 

 

*

 

エルメスのケリーバッグは、あれだけ高額で、数年待ちでありながら、未だに予約が殺到しています。

多くの人がが欲しいと思っている。

 

でもそれは本当に100%「バッグそのもの」が欲しいのか?というと、そうでもなくて、ケリーバッグのブランドイメージ(ブランドストーリー)に憧れてしまうわけです^^

 

 

また、コンセプトを大切にしている事業主・企業ということは、ツギハギのサービスではない。ということも、自ずと発信しています。

 

ユーザーはそこからも信頼を無意識に感じ取るのです。

 

コンセプト、世界観とは、ブランドからお客様への信頼の証を伝えているのです。

 

*

 

コンセプトから世界観を構築して、届けたい層に届けていきましょうね!

一緒にコンセプトを見つけていきたい方はこちらのサービスから↓(画像クリックで詳細ページに飛びます)

 

 

-

▶HP内ブログより引用:

コンセプト・世界観とはブランドからお客様への信頼の証を伝えている

 

*  *  *

▶デザインオフィス・エコズデザイン

紙媒体からwebデザイン。たまにコンサルも。

それぞれのブランドのストーリーを感じてもらえるデザインを作っています。

 

HP https://ecosdesign.jp/