テーブルで発見したフランス人と日本人の違い | エコロジーとブリコラージュとときどきTatsuki

エコロジーとブリコラージュとときどきTatsuki

こちらのブログでは日本で育った僕がいまいるフランスでの生活をエコロジー、自然、オーガニックの側面から書いています!

Bonjour !

ボンジュール

 

今日は少し学術的な話とはちがい

自分の生活で発見したことについて書きたいと思う。

 

僕は現在フランス北部のリール(フランス第4の都市)に住んでいるのだが

パリとはまた違って人柄や文化も少し違う。

 

日本人の多くはメディアの影響もあってかフランス=パリ フランス人=クロワッサン、ワイン

このようなステレオタイプをもっている人が多いのではないだろうか。

実際には日本のメディアに取り上げられているフランスのほとんどがパリであり

日本人がそのようにフランス人のイメージを形成するのはまあ当たり前の流れであるとは思う。

 

パリはどちらかというと本当にグローバルと伝統が混在した都市で東京にすごく近い。

東京人を日本人の多くが嫌うように、パリのことを嫌う地方(プロヴァンス)の人は多い。

まあ地方VS首都の嫌悪はインターナショナルで実在すると思っている。

 

 

それはさておき今日は少し面白い発見をしたのでそれを記事に書かせていただきたい。

 

『フランス人はスープを残さずに飲む。』

 

当たり前じゃないかという返答が返ってきそうだが

フランス人の飲み干すというのはお皿やボールにスープの液が

一滴も残っていない状態をいう。

 

日本ならスープはのむがお皿やボールをなめまわすことはしないし

そこに少し溜まっていてもそれはそれほど気にしないであろう。

 

 

でもフランス人は決まってこのスープを一滴もお皿についていることを許さない。

許さないというよりも自然にきれいにしてしまうのだろう。

 

 

ただお皿をなめたり、指につけたりという

下品なテーブルマナーに反することはナンセンスなので

パンを使う。パンをちぎってスープをきれいにそれでふきとる。

もうそれ自体が食事の一部のようなものだ。

 

 

それに僕はフランス人の国民性がすごく現れていると思ったのだ。

 

なんどもいうが人によって違うが

フランス人の国民性を一般的にカテゴライズすると

 

『自分のもっている特権は最大限に利用する』

 

これがフランス人の特徴。

休みや有給はとれるだけとるし、

ボーナスも、給料交渉も、値切りも、バーゲンもクーポンも

 

使える権利はすべて使い果たす。すりへるまで使い切るイメージ。

 

 

この違いとテーブル上で発見した違いが

なぜか切り離せなくて、そして興味深くて

今日はこのような記事を書いてみた。

 

 

たまには学術的ではない部門もいいかもしれない。

そして日常での発見がいがいとフィールドワークとして

ブリコラージュの研究になっているのではないかとも感じた。

 

ではまた次回

 

A bientôt !!  ア ビアント