エコープロジェクトふわふわ日記

The School ECHO Project代表理事、山田響子のブログ。

“夢をカタチにできる子”が育つ世界を目指して、
大人の連携支援や、地域にある子どもの居場所づくりをしています。

ふわふわと、でもしっかりと、大きな夢に向かう途中で考える、小さなこと。


テーマ:
あそベンチャースクール(あそパーク)

あそぶときはあそぶ!やるときはやる!
自然と共に育つ “困難を乗り越えて進む力”



● 対象年齢: 主に年中~小3

● 運営日時: 平日15~17時 (開催日はホームページにてご確認ください。)

● スタッフ: 5~10名程度

● 住所: 〒060-0009 札幌市中央区北9条西18丁目35-89第7藤栄ビル3F
※開催場所は日によって異なります。ホームページよりご確認ください。


$エコープロジェクトふわふわ日記 $エコープロジェクトふわふわ日記



○ “身近な自然”から広がる、遊びの世界と可能性!

9月、雨上がりのある金曜日。

わたしはジーパンを膝までまくり上げ、スニーカーごとずぶ濡れになって、

必死に魚を追いかけていました。


「放課後に自然と遊べる場所がある!」

そんな情報をキャッチして、すぐに取材のお願いをしたのが、

北海道札幌市のNPO法人あそベンチャースクールさん。

今年2012年で11年目を迎える、自然体験のベテランNPOであり、

そのあそベンチャースクールさんが主催する放課後遊びがあそパーク です。



あそパーク当日、集合場所の河川敷には、

大縄跳びや だるまさんがころんだ で汗を流す、早めに集まった子どもたちの姿。


予定の時間になると、スタッフのばばっちの周りにみんなが集合し、

「あそぶときはあそぶ!!やるときはやる!!」

「暴力は使わない!言葉の暴力も使わない!」


と、山にまで届きそうな声でいつものお約束を叫んで、

川遊びがスタートしました!



とは言っても、川でどう遊べばよいかわからず、おろおろするわたし・・・。

そんなわたしに

「石をね、こうやってどけると魚がいるよ」

「あ、いた!めがね(水中を見るための道具)持ってて!」


と、いろいろ教えてくれる子どもたちは頼もしく、自然遊びの先生のよう。

おかげでわたしも取材を忘れて一緒になって魚を追いかけ、

見事最初の一匹をゲットした時には、みんなでハイタッチをして喜びました!



なんとも言えない解放感と達成感を味わいながら、

こんな風に普段の生活の中で自然遊びができるっていいなぁ、

北海道の環境があってこそだな。

そんなことを思いましたが・・・ちょっと待て、実はわたしも青森の田舎育ち。

少し車を走らせれば海も山もある環境にいたのに、

今も江戸川河川敷のすぐ近くに住んでいるのに、

自然遊び=特別なこと、遠くにでかけないとできないこと 

そう感じていたのはなぜでしょう。



それに対し、あそベンチャースクール代表の田中さん(通称ルパン)は、

こんな風にお話してくださいました。

「特別なことをしようとしなくたっていい。

 大したことない川にも、入ってみると、こんな魚がいるんだ!と驚きます。

 身近な自然から、目を向けてみてください。」



草、木、虫、海、川、空・・・

それらは失われてしまったわけではなく、

身近な自然に気づく感性を、自分が失っていただけかもしれません。

「もしかしたら、“そこにある自然”に目を向けるだけで、

 遊びの世界や可能性は、もっともっと広げられるのかもしれない。」



せっかくの公園や河川敷でも、ゲーム機を離さない子どもたち、

子どもたちとどう遊んでいいかわからない大人たちを思いながら、

今まわりにある環境に、もっと目を向けてみようと、そう思いました。




○ 自然の多様さが、困難を越えて進む力を教えてくれる

あそパークをやっていてよかったな、と思うのはどんなときですか?

この質問に、ルパンはちょっとだけ考えてから、

「子どもたちが、変化したときかな。」

と、答えてくれました。


今でこそ自然遊びの先生のような子どもたちですが、

初めは川に入るのが怖くて泣いたり、川の中で硬直してしまう子もいたそう。


そんなとき、スタッフは安心するよう声をかけたり、注意して見守りながらも、

無理に遊び方を教えたりはしません。

2回目、3回目とあそパークで自然と触れるうち、

各々のペースで表情が変わったり、自発的になるときがくる


そんな変化を発見したときが、喜びなのだそうです。



子どもたちの変化については、常連さんのお母様もお話してくれました。

「最初は魚も全然とれなかったんです。

 でも毎回参加するうち、子ども同士で、どうやったら魚がとれるか考えて

 家でも会議しているんですね。笑

 そんな風に自分たちで工夫しようって気持ちが出てきたのは嬉しいです。

 今は子どもたちを中心に、家族で川遊びに行くこともあるんですよ。」





ルパン曰く、家や学校での遊びと自然遊びとでは

刺激になるものの量 が大きく違うそうです。


自然にはいろんなものが落ちていて、見れば見るほど発見があります。


「自然は多様で、うまくいかないからってやり直しできるゲームとは違う。

 でも工夫するとできることが増えてくる。

 だから自然の中で遊びながら、

 うまくいかないことをちょっとずつ克服していくと、

 困難を乗り越えて前に進んでいこうって気持ち

 できてくると思うんです。」




あそベンチャースクールの願いは、

“大きな夢を持って明るく元気に生きていくことのできる人を育てること”

放課後に自然と遊ぶ体験を重ねることで、

子どもたちは、困難を乗り越える知恵と心を育んでいるのかもれません。



「そんな難しいことじゃないよ、シンプルだよ。

 でも、地味な活動だけど、子どもたちはすごくいい顔をしてくれるんだ。」



そう言うルパン自身がとってもいい顔で笑うので、

つられてわたしも笑ってしまって、

なんだか、自然と子どもたちを繋ぐ 架け橋のような人だなぁ、と思ったのでした。



※あそパークに興味を持たれた方は、下記よりお問い合わせください。
_________________________________

NPO法人あそベンチャースクール

● 住所: 〒060-0009 札幌市中央区北9条西18丁目35-89第7藤栄ビル3F

● 代表: 田中住幸(たなか すみゆき)さん

● 電話番号: 011-632-7700

● ファックス: 011-632-7701

● Eメール: https://pro.form-mailer.jp/fms/a56495706671
_________________________________

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

echokyokoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。