ハリー王子 ご婚約♡ | エコーセンターのブログ

エコーセンターのブログ

サスーン公式代理店
サスーン留学の老舗による、サスーンとイギリスの美容関係のブログです


テーマ:

皆さんもうご存知だとは思いますが

またまた英国王室のおめでたい

ニュースがありましたね。

 

遅ればせながら・・・

 

ハリー王子、

ご婚約おめでとうございます!

 

 

キャサリン妃の第三子ご懐妊、

エリザベス女王のご結婚70周年、

そして今回のハリー王子のご婚約。

 

英国王室が

これほどまでに注目を集めた

一年は過去を見ても

なかなかないのではないでしょうか。

 

 

お相手はメーガン・マークルさん。

とても知的な方だそうで

エリザベス女王も

彼女の聡明なところに

非常に好感をもたれたそうです。

 

それにしても・・・

いつまでも「やんちゃな男の子」だと

思っていたハリー王子がご婚約。

嬉しく感じると同時に

時の流れの速さを感じずには

いられません。

 

可愛らしい♡

 

 

 

英国王室には代表的なルールが

6つあるそうです。

 

①Keep one eye on the Queen

エリザベス女王のされることを

常に注視し、女王の前に出るような

事のないように。

 

②Pack an all-black outfit

海外を訪問する際は

必ず喪服となる黒の衣装を持参する。

急な事態に対応できるように。

 

③Can’t vote/run for political office

ロイヤルファミリーは公の場で

政治に関する意見を述べること

そして投票することを

禁じられています。

 

④Position of chin

椅子に腰かける時、写真撮影の時、

そして階段を下りる時の

顎の位置は床に水平に保たなければ

なりません。

 

⑤Pasta, potatoes, rice & garlic

ディナーにはパスタ、ジャガイモ

そしてお米はサーブされません。

またエリザベス女王がお嫌いなので

バッキンガム宮殿ではニンニクを

使った料理は禁止されています。

 

⑥Duchess Slant

直訳すると「侯爵の傾斜」。

足を組む事は禁止で、

膝を揃えて斜めに傾ける座り方を

しなさいという事です。

 

 

私たちの普段の生活を考えると

とても大変そうですね。

これ以外にも当然ですが

ドレスコードや立ち振る舞いに

関する細かいルールは

たくさんあるそうです。

 

しかし、聡明で知的な

メーガンさんなら、あっさりと

ルールに適応できるのでしょう♡

 

来年も

英国王室の素敵なニュースが

聞けると嬉しいですね。

今からとても楽しみです!

 

 

留学の資料請求はこちら

 

サスーン留学なら、エコーセンター


 

 

 

エコーセンターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス