今日(水)中2クラス、

春休みに当教室ツアーでマレーシアへ行った生徒さんらがクラスメイトらにとお土産を買って持ってきてくれていましたビックリ

えーーー!!
いつの間に買ってたんーーー!!
よく気がつくなーーー!!

とビックリと感激しましたアゲアゲアゲアゲ



今日からのクラスは 新学期ということでメンバー入れ換えもあったので、一人1分で自己紹介をしてもらいましたカラオケ


そこで、
「行きたい国は無いです」
「日本が一番安全だから日本にずっといたいです」

・・など発言する子がいました。


勿論、それはそれでいいんです、個々の考えであり、それを人前で言えるということは立派なことです。


ただ、折角なので私から少し話をさせてねと。

『やる前から ″難しいから出来へん″。

やったことないのに ″絶対無理″。

食べたことないのに ″嫌い″。(食べず嫌い)

行ったことない所を ″良い所じゃない″。

日本以外の国に行ったことがないのに "日本が一番良い"。

それは違うと思うで。

自分の目で見て、自分で経験しなきゃ分からないことのはずやで。

例えば、マレーシアは安全じゃなかった?
(行った子が)「安全やった。」
(ブラジルに行ったことある子が)「ブラジルも安全やった。」

そうやんな?
行ってみたから分かったことやんな?

違いを受け入れることは大切なこと。

こんなに広い世界でさえ、自分と同じ人間は二人といない。

今横にいる友達にも 良い所も悪い所もあるはず。でもその良い所も悪い所も理解し、受け入れているからこそ仲良くしているんやんな?

それが違いを受け入れるということ。

日本と違う所、日本人ではない人、日本食ではない食事、それらを知り、理解し、受け入れる・・・
それが出来る人になってほしい!

と。


みんな真剣に聞いてくれていました。


実は、そんなことも学んだマレーシアだったんです!

私がそんな話をしている間、マレーシアに参加した子らは、そう、そう、そうや、と何度も頷き 相づちを打ってくれていました!