手術当日

 

とにかく集合時間が朝早い...。

 
いつもと違うタイプの内診台(足がしっかり固定される)にあがり
エコーを確認しましたがやはり動いておらず、予定通りお別れになりました。
 
 
子宮口を広げる棒を入れられました。
(多分、ラミナリアっていうやつ)
 
 
入れる時に膣をピンセット?でツンツンする感覚ガーン
ラミナリア入れた後も生理痛の何倍もの痛さで波がなくずーっとピークに痛い感じ…。
 
 
しかもこの後、ベッドに横になれる訳じゃなく普通の待合室で2時間半待たされました😅
 
 
多分1時間くらいは痛かったけど、次第に何か挟まってる違和感程度になりました。
 
 
私は痛くて体を丸めて悶えていましたが
おそらく私の後に手術するであろう隣の方は
ピンピンしてたので個人差はかなりあると思います😂
 
ようやくベッドに案内され
点滴を手の甲に打たれました😭
 
とにかく「無」で待つことを徹底していましたが
手術台に上がってボーっと天井を見上げていると
なぜか涙が出てきました。
 
看護師さんが気づき、拭いてくれたり
肩をさすってくれたのですが止まらなくなり
 
ついに耐えきれず体がガタガタ震えて
嗚咽がこみ上げてきました…。
 
既に両腕が固定されている状態だったので
自由がきかず、涙を自分で拭うこともできず
手術担当の先生も落ち着くまで待っていたようです。
 
その後ベッドに戻って意識が戻りましたが
 
なんと、まだ泣いていました🙄
しばらく息が苦しかったです💦
 
これからも看護師さんや先生にお世話になると思うので
後々思い起こすと、ちょっと恥ずかしいです🤭
 
 
麻酔がきれても出血も痛みもありませんでした。
 
が、数日後だんだん出血と子宮収縮剤によって痛みが増してきましたガーン
 
ピークは4日後くらいだったと思います。
1週間くらいで体は回復しました。
 
心の回復はまだですが...。
 
 
それでも3週間程経過して、少しは回復していると思います。
何度かブログを書こうとして思い出しては泣いていましたから...。
 
 
 
手術代(保険適用)
手動真空吸引法  16,630円
 
染色体検査 32,750円