根管治療は、歯の内部の治療です。

 

多くは、虫歯が深くなり、やむを得ず歯の内部にある神経を取ることとなります。

 

つまり、虫歯の治療の延長として、根管治療は存在しています。

 

 

多くの方は、この根管治療の重要性を正しく理解されていないと思われます。

 

根管治療が悪いと、歯が痛んだり、歯茎が腫れたり、歯が浮いて痛くて噛めなくなったりします。

 

しかしながら、これは、歯だけの症状にすぎません。

 

 

もちろん、この状態を放置すれば、歯根の先から化膿して、ゆくゆくは抜歯に至ります。

 

しかしながら、もっと問題なのは、歯根の内部のバクテリアやそれが産生する毒素は、歯根の先端から外に流れ出て、毛細血管に乗り他の全身の臓器や組織にまで悪影響を及ぼす点にあります。

 

これらを、歯性病巣感染と呼びます。

 

 

 

治療前レントゲン。根管内の清掃・消毒と、根管充填(白く写っている薬を入れること)が不十分なために、歯根の先端が黒くなり骨が溶けて化膿している。バクテリアや毒素が歯根の先端から漏れ出ていると考えられる。歯性病巣感染も心配される。

 

 

治療後レントゲン。根管内の十分な清掃と消毒を行い、緊密な根管充填を行った。歯根の先端までしっかりと薬が詰まっている(白く写っているもの)のが分かる。

 

 

歯性病巣感染は、心臓血管疾患、腎臓疾患、代謝疾患、呼吸器疾患、皮膚疾患、筋骨関節疾患、消化器疾患、脳神経疾患など、その疾患は多岐にわたると考えられています。

 

ぜひ、予防を実践して、歯と全身の健康を守りましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析