当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、抜歯後疼痛の原因となる抜歯後感染について書きます。

歯周病や歯根破折のためにやむなく抜歯をする場合があります。

このような場合、抜歯する歯はバクテリアに感染していることがほとんどです。口腔内には常在菌がおり、常にバクテリアに暴露してします。

したがって、抜歯をする前には、口腔内を可及的に清掃・消毒しておくことが望ましいといえます。

必要に応じて、抗生剤の術前投薬などを行うと感染予防に効果的です(特に、糖尿病などの易感染性疾患を患っている患者さんには必須)。


また、深い虫歯や親知らずなどを抜く際、歯を削って分割することがあります。

この際、タービンと呼ばれる切削器具(キーンという音がするアレ)を使うことがあります。

このタービンをきちんと滅菌しているか、さらにタービンから出る水が清潔かどうかは、非常に重要です。古い設備では、この水がかなり汚れている可能性があります。


治療器具の清掃・消毒はもちろんのことですが、最も基本的なことは、術者がきちんと手洗いを行うことでしょう。

自分が、家族が治療を受けるとしたら、どのような治療を受けたいのか、それを問えば自ずとするべきことは見えてきます。

歯科は、医科と比べ、衛生管理においてまだまだ遅れていると感じます。

このような現状を変えていかなければなりませんね。


                     ブログランキング・にほんブログ村へ
  人気ブログランキングへ                  にほんブログ村