当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、根管治療における根管の石灰化について書きます。

通常、歯の神経(歯髄;しずい)が生きている場合、歯の中には歯髄腔(しずいくう)と根管からなる空洞があり、この空洞の中に神経(歯髄;しずい)が入っています。

歯の神経(歯髄)を取るのは、多くの場合、虫歯が深くなって神経まで到達してしまい、痛みを生じるためです。

この歯の神経を取った後、根管の中をきれいにして、根尖(こんせん;歯根の先端)まできちんと根管充填を行うことが根管治療の大原則です。

しかし、根尖まできちんと根管充填をしていない場合、しばしば根管の中が石灰化して硬くなり、根管が閉塞(閉じてしまうこと)してしまうことがあります。

このようなケースでは、薬剤を用いて石灰化した部分を少しずつ軟らかくしていき、歯根の先端まで治療器具(リーマーやファイル)を進めていきます。

また、超音波の振動を利用して、少しずつ歯を削りながら根管を探っていきます。

そのような場合、重要なことは、根尖病巣が存在しているか?、レントゲン上で根管が見えているか?ということです。

根尖病巣が存在しており、レントゲン上で根管が見えているならば、リーマーやファイルで根気よく探っていくと、根管が穿通(せんつう;開くこと)することが多いのです。


しかし、このような地道な治療を行っても、根管がどうしても開かない、あるいは見つからない場合も現実的に存在します。

根管が見つからず閉塞している場合、根管治療を深追いしすぎると、パーフォレーション(穿孔;せんこう、歯根の横に穴をあけてしまうこと)やリーマー・ファイルの破折を起こすリスクが高まります。

もし、根尖病巣が存在せず、痛みなどの臨床症状が無いのであれば、根管治療の深追いはかえって予後が悪くなります。

したがって、根尖病巣がない場合には、無理し過ぎず、根管清掃できるところまでをきれいに行い、根管充填(こんかんじゅうてん)をしっかりと行なえば、まず問題は生じません。

もし、根尖病巣が存在し、かつ根管が石灰化している場合には、イオン導入法や外科的歯内療法(歯根端切除、逆根管充填)の適応になります。

いずれにしても、これらの治療方法は診断が難しく、熟練を要しますので、経験豊富な先生にご依頼されることをお勧めいたします。


                     ブログランキング・にほんブログ村へ
  人気ブログランキングへ                  にほんブログ村