夫が考えた反抗期の娘への対応とは? | 豊中蛍池 赤ちゃんと「今」する遊びがわかる!初めて育児に自信がつく親子教室

豊中蛍池 赤ちゃんと「今」する遊びがわかる!初めて育児に自信がつく親子教室

お子様の年齢に合わせた効果的な「遊び方」「関わり方」をお伝えします。

反抗期がちょっと和らいだ話

のつづきです。

 

夫が考えた方法とは、、

 

何か意見を貰った時、即答で言い返すのは、やめて

とりあえずは話を受け入れる「はい」と返事をする上差し

 

 

もちろん、これは娘だけでなく

両親ともに、、、、

 

 

「えーガーン できるかなーアセアセ だってさぁ、、、」

「あ笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

そうなんです。子供も同じ気持ち、、、

 

間違っているか、合っているかではなく

言い返しているのには、本人なりの理由があるんです。

 

でも、それが原因で

我が家は討論三昧の毎日笑い泣き

 

 

ということで、、「はい」やってみましょう照れ

 

 

その夜、娘にその話をしました。

私達もするから、、一回みんなでやってみよう音譜

 

娘は「にやりにやりにやり

 

そこで、私がひらめいたひらめき電球

 

じゃあ。すぐに言い返したい気持ちを抑え 「はい」 と言えたら

相手を受け入れる心を称えて周りの人は拍手をする!!

 

どう?と、、、するとドキドキ

 

少し戸惑いながらも

「はいラブラブ

 

「拍手拍手拍手拍手

 

こうして我が家の「はいはい拍手運動がスタートしました。