反抗期がちょっと和らいだ話 | 豊中蛍池 赤ちゃんと「今」する遊びがわかる!初めて育児に自信がつく親子教室

豊中蛍池 赤ちゃんと「今」する遊びがわかる!初めて育児に自信がつく親子教室

お子様の年齢に合わせた効果的な「遊び方」「関わり方」をお伝えします。

私には小学校6年生の娘がいます。

外では活発でしっかり者の反面

 

家では甘えん坊な性格で

常にべたべたしてくる娘なのですが、

 

頑固な一面もあり

自分の意見を妨げられる事が大嫌い

自分の考えをなんとしても通したい

 

ということに困っていました。

 

もちろん、それもそれで素晴らしい事なのですが、、、

なんでも度を超すと弊害は出てきますよね(^_^;)

 

冷静になれば、あ、そんな意見もあるか、、、と

思えるような事も、引き際がわからない娘は

 

反抗期のイライラも手伝ってプチパニックになったりすることもえーん

 

そんな娘を見ては、

もう少し素直になれたら本人も楽だろうにと夫と話していると夫が、、、

 

「でもさぁ。親二人がさぁ、よくも悪くも討論好きやん?」

「子供にだけ素直になれといっても無理じゃない?」と

 

「うぉゲッソリゲッソリゲッソリ確かに笑い泣き

 

子供には、しょうもない事に、いちいち言い返さず

「はい!」と返事をして動きなさい。というのに

 

親の私たちが出来ているか?と聞かれると

 

何か言わないと気が済まない とばかりに

一言を付け加えていることに気が付きましたダウン

 

 

そして、、このあと夫が考えた、

 

無駄な討論を止めるアイデアが

とても簡単な上 短期間で効果があり、

 

また親自身も考えを改めるきっかけになったので

 

色々なエピソードも交えながら

何回かにわけてシェアさせて頂きたますねウインク

 

よかったらおつきあい下さいませ。