オチビッタ観察中のサッキー、


過去のオチビッタネタを振り返っていて、


ハタと気づいた。





過去のオチビッタネタはこちらから↓

https://ameblo.jp/ebisutofukuroh/theme-10107899678.html











オチビッタが暴れる時、


まあまあな確率で、


サッキーのインナーチャイルドも


連動して暴れているのであるゲローゲローゲロー













「子供は親のインナーチャイルドを


 察知する」



とか言われるけど、


も、もしかして、本当…?!滝汗












この説に立つ人は、


割と



「親のインナーチャイルドを


 開放してあげようと、


 子供が問題行動を起こす」



的なことを言う。












そしてそれは本当かどうか、


よくわからないけどぶー




「家族というシステム」


たしかにあるから、





もしかしたら


人智を超える何かがあるのかなーぶー















キッカケはどうであれ、


親のインナーチャイルドと


育児の悩みは、



連動してもおかしくないな、


て思う。















たとえば、


サッキーは



オチビッタの問題行動に


疲れて何とかしようと


奮闘してるわけだけど。













この問題行動をキッカケに、


自分を観察してると、


自分のインナーチャイルド、


「傷ついた小さな子ども」が見えてくるのだ。














それも、


大泣きして…















たとえば、



「オチビッタをもっと、


 愛したい!」




って思ったとして、



「愛そう、愛そう」



としても。















心の中に


「傷ついた小さな子ども」がいると、







「私は愛されなかったのに!!!えーんえーんえーん






「嫌だよ、


 私、愛されなかったのに、


 なんで愛さないといけないの?えーんえーんえーん







と、


オトナの中に潜む 


1歳児(または7歳以下の子ども)が



ギャンギャン泣くのである…ゲロー














この子が大泣きしてしまうと、


どんなにしたくないって思っても、




子供にキツく当たったり、


人によっては


手を上げたりしてしまうわけぐすん
























だって、


大人の自分はしたくなくても、


「傷ついた小さな子ども」の自分は


そんなのヤなんだもんムキーッ










オトナの中に潜んでいるだけで、


本質は幼児だから、


やっぱり言うこと聞かないのである…












で、




「ズルい!」



「ヒドイ!」




って、


この子がネガティブな衝動を


作り出しちゃうんだなぁ。。


















そしてこれが、



「子供を愛したいけど、愛せない」




現象を引き起こすんだなぁ…ぐすん

















ちな、


「愛されなかった」は


「構ってもらえなかった」とか


違うキーワードになったりする。 














なので、






「言うこと聞かないのが、許せない」





「なぜだかわからないけど、


 この行動に


 いつも無性に腹が立って仕方ない」





「子供だから、しょーがないじゃん!

 

  って行動が許せない」









こういうのは漏れなく、


あなたの中のインナーチャイルドが


影響している。













たとえば、



仲良しのママさんは、


いつも子供の支度が遅いのに


イライラしていた。

















「早くしなさい!」


と言っても、


もちろん子供は早くしない。













それどころか、


わざとグデグデしたり、


挑発的な態度を取る…ゲロー












そのたびに彼女、


激怒してたらしいのだが、


ある時ふと、



自分が小さい頃、


給食を食べるの


すごく遅かったことを思い出したんだって。













「あの時、


 急かされて、すごく悲しかった」






「1人だけ


 居残り給食みたいにされて、


 恥ずかしかった」






そんな悲しみが、


うわぁー!って出てきて、


その悲しみを感じてからは、


子供の行動にイラつかなくなったらしいキョロキョロ













子供の行動も変わってきて、




「あんなに育児したくなかったのに、


 今は育児が楽しいです」





と、おっしゃっていたニコニコ















子供って、本当にすごい。









言葉や思考が発達していない分、


ものすごい第六感センサーを持っていて、


それで親の本心を察知する。














逆に、


私たちが子供だったときは、


同じことを親にしていたわけだ。

















だから、


傷を持つし、




だから、


親を恨みたくなる。













でも、


今、代償となっている傷は、



「親を助けたい」



っていう、


純粋な愛から来ているんだよね。














醜い自分、


今は受け入れ難い自分も、


大元は愛から生まれたもの。
















自分の苦しみだけじゃなくて、


自分の愛にも、


気づいて受け入れられるといいねニコニコ







 

サッキーの書く物語を読んでみたい人は

 こちらおとな絵本を見てみてね。

 

↓このへんとか好きな人多いやつ

ますみちゃんの助言

朱に交われば朱くなる

ゴットハンドの仕事

真夏のゆめ

台風のしっぽ

 

 

 

サッキ―のブログ初めて読む人は、

ライフヒストリーと、この記事から読んでみてね。

「外の人」はこちら、「中の人」はこちらを見てみてね。

 

 

 

——*…*——*…*——*…*——*…*—— 

⛩今後の朗読奉納の予定⛩
 
わかば2019年10月14日
   天河弁財天(with 瞑想舞
 

 
 

 

クローバー【募集停止中】

   「あなたの欲しいものが手に入る物語」

     毎月1〜2名限定!

    さっきーがあなたの「中の人」の声を聞いて

    作る物語音譜

 

宝石赤お申し込みはこちら宝石赤

 

わかば料金

・70,000円(税込)

 

わかばご提供サービス内容

・あなたの欲しいものが手に入る物語

(データ納品・2,000字程度)

・マンツーマンセッション時間:120分

 

こちらも見てね↓

 https://ameblo.jp/ebisutofukuroh/entry-12385895676.html

  

 

 

クローバーシェア・リブログ歓迎

    

 

クローバーメルマガ登録で朗読パフォーマンスの原作

長編「オトネリ屋」がサキヨミできます音譜

 

下記から登録してみてねラブラブ

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aezpdq

 

 

椎原妃希菜(しいはらさきな)

(雅号:蓮黛藍弥 はすずみあいみ)